ホーム>最新情報・イベント紹介

最新情報・イベント情報



アクセス職員がよく受ける質問が、「どうしてフィリピンの支援をしようと思ったんですか?」というもの。
今回は、フィリピン現地で2年暮らし、帰国後にアクセス事務局長となった野田が、その理由を語ります。

野田の心を突き動かした、子どもたちや女性が置かれている環境、
きっかけとなった「出会い」、活動継続の言動力になっているフィリピンや日本のなかま…。
日本ではありえないような、フィリピンでのびっくり体験なども交えて、楽しくお話します。


日時
: 2013年1月27日(日)14:00〜15:30 (開場:13:30)

会場: 兵庫県加古川総合庁舎内  東播磨生活創造センターかこむ 1階 創作工房B
     (JR加古川駅 南口より徒歩5分 地図: http://www.kacom.ws/access/ )

参加: 無料(どなたでもお気軽にご参加ください。スリッパのご持参をお願いします)

講師: (特活)アクセス−共生社会をめざす地球市民の会
     日本事務局長 野田沙良

主催: Caipirinha(カイピリーニャ)
カイピリーニャはブラジルAXEダンスを通して、多文化理解、仲間づくり、体力づくり、多言語での情報発信、地域に根ざした居場所作りを行うことを目標に活動している市民団体です。メンバーの国籍、年齢、性別、職業、経験の「違い」をカイピリーニャの「個性」として大切にしています。加古川市人権まちづくり事業の助成を受けています。

問い合わせ先: カイピリーニャ caipirinha-axe@hotmail.co.jp
              (※「@」を小文字の「@」に置き換えて、メールを送信してください。)
           アクセス事務局 TEL 075-643-7232




 アクセスのしゃべり場「世界の中心でオルタナティブを語る!」 (終了しました)

世界の何をどう変えれば、貧困はなくなるのか。

貧困をなくそうと行動を起こした人がぶつかる、素朴な疑問について、
気軽におしゃべりし、考え、意見交換をする場として「アクセスのしゃべり場
『世界の中心でオルタナティブを語る』」を始めます!
一回目は、立命館大学でラテンアメリカの研究をされている崎山政毅さんを
お招きし、植民地支配の歴史と「南」の貧困についてお話しいただきます。

以降、2ヶ月に一度のペースで、さまざまなテーマを設定して、おしゃべり
する場を用意します。日曜日の昼下がり、世界の中心でお茶をしながら、
オルタナティブを語り合いましょう!


******************************************************

◇日時: 2012年5月27日(日)14:00〜16:30
◇場所: ほんやら洞2階(河原町今出川から西へ徒歩5分)
      http://www.honyarado-kai.com/
◇テーマ: 「南」の貧困を再生産してきた世界システム
◇スピーカー: 崎山政毅氏(アクセス理事、立命館大学教授)
◇参加費: 600円(1ドリンク付)
◇お申込: アクセス事務局までご連絡下さい。
TEL 075-643-7232 メール acce@sannet.ne.jp

******************************************************

★アクセスしゃべり場実行委員会のメンバーとして、企画・運営をお手伝い
いただける方は、事務局までご連絡ください!
(TEL 075-643-7232/メール acce@sannet.ne.jp

 

 

 

「世界を変える」を仕事にする!国際協力キャリアセミナー (終了しました)

NGOが求める人材やスキル、待遇や職種などを実際の事例を挙げて紹介。
現場経験を積むためのインターンシップの合同説明会もセットになった、
お得なキャリアセミナーです。国際協力を仕事にしたい方は、ぜひご参加ください!


*本セミナーは、ワン・ワールド・フェスティバルの一企画として「地球の未来に、いっちょかみ。」

実行委員会 (NPO法人 関西NGO協議会)が開催し、アクセスはパネラー/個別相談

ブースとして参加します。

 

■日時   2012年2月5日(日)12:15〜14:00(予定)
■会場   大阪国際交流センター 会議室3、4
       大阪市天王寺区上本町8-2-6

       地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目」駅より徒歩15分
■参加費 不要
■申込み 不要/当日会場にお越しください。

 

<プログラム>
◆パネルディスカッション 12:15〜12:55
国際協力NGOでのインターンシップ経験者が自身のキャリアパスを紹介。
就職にあたって重視されることの多いスキルや心構え、求められる人材像、 職種、待遇面に関する情報入手の方法なども実体験を交えながらお話しします。

 

◆インターンシップ合同説明会 13:00〜14:00
関西を中心とした、インターンシップや長期ボランティア、海外ボランティアの 受け入れをおこなっている団体による合同説明会をおこないます。
また、国際協力分野のキャリア全般に関するご相談にお答えする「キャリア相談ブース」も設置します。

 

※ブース出展団体(随時追加します)
(特活)アクセス−共生社会をめざす地球市民の会
(特活)ICYEジャパン
公益財団法人PHD協会
公益社団法人日本国際民間協力会(NICCO)
(特活)テラ・ルネッサンス
(特活)日本国際ボランティアセンター

 

<お問い合わせ先>
「地球の未来に、いっちょかみ。」実行委員会
(NPO法人 関西NGO協議会)
TEL:06-6377-5144
E-mai::knc@kansaingo.net

主催:(特活)関西NGO協議会
協力:「地球の未来に、いっちょかみ。」実行委員会

 

昨年のセミナーの様子

 




本「地域公共人材図鑑」にアクセス事務局員が登場!

地域で活躍する「地域公共人材」=「社会的課題を解決するために、産官学民のセクターの壁を乗り越え、地域で活動する人材」と定義し、そんな人々を紹介しているのがこの本です。

 

制作・編集にあたったのは、一般財団法人である地域公共人材開発機構。行政・市民・企業・大学などが、自分たちの役割を認識してお互いに足りないところを補い合い、活動する。「協働」を最大限に引き出すのに必要なのは、やはり「人」である。

そんなテーマで作られた本です。

アクセスの理事・事務局員である野田も、掲載されています。

 

付録「地域公共人材図鑑DVD」付、1000円。

 

一般財団法人 地域公共人材開発機構 http://www.colpu.org/
地域公共人材図鑑ブログ http://blog.canpan.info/colpu/archive/402

 

 




たくさんの文房具をいただきました

国内外の文房具のネット通販をされている企業「分度器ドットコム」さんと、魅力的な革小物を生産・販売されているメーカー「クアトロガッツ」さんが協力し、アクセスのフィリピン法人に、たくさんの文房具を寄付してくださいました。文房具は、「分度器ドットコム」さんのホームページを通じてお客様から届けられたものです。

たくさんの方々のお気持ちをフィリピンに届けてくださった分度器ドットコムさんとクアトロガッツさんに、心よりお礼申し上げます。

 

■クアトロガッツ   http://quatrogats.com/

■分度器ドットコム  http://bundoki.com/

 

 

 

いただいた文具類を整理する

フィリピン事務局スタッフ



キャンペーンにご協力いただいている皆さま

アクセスでは、2009年度より、募金箱や書き損じハガキ収集ボックスを設置していただくキャンペーンを実施しています。

これまでにご協力くださった下記の皆さまに、この場を借りてお礼申し上げます。

 

■隠れたタカラモノ キャンペーン(書き損じハガキ収集)

加藤胃腸科外科病院

QUENCHLOUD  http://www.quenchloud.com/

 

■ワンコインの贈り物 キャンペーン(募金)

ウエストコースト http://www.westcoast.jp/

 

 



Panasonicホームページで、アクセスの実践事例が紹介されました!

アクセスが2008年より助成をいただいている、PanasonicNPOサポートファンドのホームページにて、アクセスの助成事業の取り組みが事例レポートとして紹介されました。

また、2010年7月3日に京都で行われた同ファンドの公募説明会にて、実践事例をお話しする機会もいただき、その様子も掲載されています。ぜひ一度、ご覧ください。

 

<アクセス助成事例レポート>
http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/report/access/index.html

 

<組織基盤強化ワークショップ&公募説明会>

http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/ar_report/2010_workshop/index.html

 

 

 

古着屋「KINJI」で募金箱をご設置いただいています!

2010年1月27日から古着屋の「KINJI」という店に、スモーキーマウンテンでのプログラムを充実させるために、募金箱を置かせていただいています。その数は合計7店舗で、関西独立店舗(KINJI FACTORY、岸和田店、瓜破店、住之江店、狭山店、明石大久保店)の6店と、2010年5月23日までの期間限定で京都ミーナ店に置かせていただいています。各店舗のレジ付近においてありますので、是非ご協力お願いいたします。                   

5月12日に初めて集まったお金を回収しに行きましたところ、合計金額は13,947円でした。

 

募金箱を設置してくださっているKINJI様に心よりお礼申し上げます。

また、募金にご協力くださった皆様、誠にありがとうございました。

 

★古着屋「KINJI」 ホームページ http://www.kinji.jp/index.php

 

FITメンバー(ボランティアスタッフ)が書いているブログにもKINJIに関する記事がございますので、よろしければご覧ください。

http://ameblo.jp/fit-news/

 

スモーキーマウンテン支援チーム FIT一同

 

 

Panasonic NPOサポートファンド助成決定!

「組織基盤強化」助成を今年もいただくことができました!

「Panasonic NPOサポート ファンド」は、パナソニック株式会社が実施している社会貢献活動の一環で、子ども分野や環境分野の社会課題の解決に取組む市民活動団体(NPO・NGO)の組織基盤強化を支援する助成プログラムです。

当会は2008年に初めて本助成事業の「子ども分野」で助成を受け、組織基盤の強化を目指したボランティアスタッフ育成研修の実施や、広報ツールの改善(となりのアジア、ホームページ、リーフレット類の刷新)などに取り組んできました。幸いにも2009年も継続して助成を受けることができ、結果、日々の活動の質が向上し、問い合わせ者数も増えるなど、組織基盤強化に対する支援によって、私たちの活動は大きく前進することができました。

そんな中、最後のチャンスである3年目の継続助成申請にトライ。そして本当に嬉しいことに、2010年も組織基盤強化のための支援をしていただけることが決定しました!今年の助成事業は「会員・支援者対応能力アップを目指した人材育成計画」。いつもご協力くださっている会員・支援者の皆さまに、もっとフィリピン現地の声や支援活動の効果などをわかりやすく伝えていける仕組みづくりに取り組む予定です。現地事業、日本での活動、そして組織運営のあり方のいずれにおいても改善を進めていきたいと思いますので、どうぞご期待ください。

 

(写真は、2010年1月29日に「パナソニックセンター東京」で行われた贈呈式において、当会理事長の新開がパナソニック株式会社の大澤さまから助成通知書を受け取った時の様子です。)

 

 

 




世界とつながる国際協力イベント HOT STEP'09 〜わたしの100歩より、みんなの1歩〜

より多くの人に世界の貧困と自分のつながりを感じてもらい、その解決に向けて行動の一歩目を踏み出してもらいたい!という想いからHOT STEPは生まれ、今年で3年目を迎えました。貧困問題はわたしたちの生活と大きく関係しています。だからこそ、ひとりが活発に活動するよりも、みんな一人ひとりが興味を持って何か小さなことでも行動にうつすことができたなら、それはとても大きなパワーになるはず!さあ、あなたも熱い一歩を踏み出しませんか?

 

■日時   2009年12月6日(日)11:00 OPENING 〜 18:30 FINALE

 

■場所   新風館

 

■参加費  −無料−

 

■プログラム

★Live

 第T部  12:00〜13:00 Artist: 大橋 タカシ

 第U部  16:00〜17:00 Artist: くりかりんご

★ フェアトレードファッションショー

 第T部  13:30〜14:15

 第U部  17:15〜18:00

★ 国際協力団体によるブース展/物品販売・フェアトレード商品作り体験

★ パネル展示 〜様々な国際協力の形を紹介〜

★ Space for Al l〜ほっこりしながら異文化交流〜

★ チャリティー・フリーマーケット
                                      and more・・・

 

☆ペットボトルキャップを集めてワクチンを!☆

ペットボトルキャップを800個集めると、ユニセフを通じて1人分のワクチンを買うことができます。

会場内で集めていますので、ご協力ください!

 

■主催団体

  NPO法人アクセス 開発教育チーム(GET)
  立命館大学国際NGOサークル RitsBLOH

 

■お問合せ  hotstep@hotmail.co.jp

■サイト    http://hotstep.web.fc2.com

 

 

映画「BASURA」上映会場で、募金箱を設置しています。

 

私たちが2006年からプロジェクトを行っている、マニラ首都圏マニラ市にあるスモーキーマウンテン(ごみ捨て場)。

既にテレビなどでも何度も取り上げられてきたスモーキーマウンテンですが、このゴミ捨て場にまつわる歴史、そしてそこで暮らす人々の生き様を映画「神の子たち」「忘れられた子どもたち」で描いてきた監督・四之宮浩さんが、今年、最新作「BASURA」を公開されました!

現在、全国の映画館で上映中です。

 

監督のご好意により、大阪の劇場で、当会の活動紹介リーフレットや募金箱の設置をさせていただいています。皆さんもぜひ、周囲の方を誘って、映画をご覧下さい!より多くの方々に、スモーキーマウンテンの現状を知ってもらいましょう。

 

 

◆大阪 第七藝術劇場 

9/26(土)−10/2(金)   10:30〜 / 10/3(土)−10/9(金)  17:00〜
◆新潟 十日町シネマパラダイス 9/26(土)−10/9(金)   10:20〜 (※9/29(火) のみ9:30〜)
◆東京 東京都写真美術館ホール 10/3日(土)−16日(金) 10:30〜、13:00〜、16:15〜、18:45〜
  (※土曜日10:30の回は旧作上映 ※10/5(月), 13(火) は休映)
◆広島 横川シネマ 10/3日(土)〜16日(金) 14:40〜、16:40〜、18:40〜 
  ※10/10(土)は18:40の回休映)
◆京都 京都シネマ

11月より上映予定

 

 

 

アクセス20周年記念パーティー 2009年5月16日

当会は、皆様のおかげで創立20年を迎えることができました。これを記念し、この20年間をともに歩んできた皆様−元スタッフ、会員様、元会員様、お世話になっている団体様、企業様、個人支援者様など−とともに、20周年記念パーティーを2009年5月16日に開催しました。パーティーには、ACCEフィリピンからも理事長、ピナツボ地区担当スタッフ、ペレーズ地区担当スタッフ、現地駐在員が来日し、パーティーに参加しました。(参加者総数、78名)

 

 

 

 

 

フィリピン料理を楽しみながらの歓談

 

参加者全員での記念撮影

<プログラム>

1)フィリピン・日本各理事長からの挨拶

2)設立以降20年間の活動を振り返るムービー上映

3)フィリピン料理を楽しみながらの歓談タイム

4)フィリピンの各事業地からのビデオメッセージの上映

5)アクセスなんでもクイズ大会

6)閉会の挨拶

 
<フィリピンの各事業地からのビデオメッセージ>

◆アペロクルス

 

◆ペレーズ

 

 

◆ピナツボ(パンパンガ)

 

 

◆スモーキーマウンテン

 

 

◆フィリピン事務局