ホーム>活動紹介>開発教育チーム

活動紹介

開発教育チーム GET

■概要
日本国内において、フィリピンの貧しい人々の現状や抱えている問題を多くの人々に伝えることで、フィリピンを始め世界の貧困問題解決に向けて、より多くの人が行動を起こす「きっかけ」を作る活動をしています。

小学校での授業の様子1

 

■活動地域
京都を中心とした関西圏


■活動開始時期
2002年ごろ、アクセスのスタディーツアー参加者と、貧困問題に関心のある学生によって、アクセスの中でも特に「伝える」ことをテーマとしたチームとして活動を開始しました。

 

■活動内容

○訪問授業
フィリピンをはじめとした世界の貧困問題について、スタッフの体験談や劇やゲームを交えて伝えています。関西圏の小学校、中学校、高校、大学まで多岐にわたって活動しています。
<活動実績> 現在の活動メンバーが携わった06年度よりの実績。
06年度 小学校1校 中学校1校 高校1校
07年度 小学校1校 中学校2校 高校1校 大学1校
08年度 小学校2校 大学1校


小学校での授業の様子2

 

○写真展・上映会
大学の学園祭や京都の公共施設などで写真展を開催しています。写真は、ボランティアスタッフ自身がフィリピンの貧困地区で撮ってきたものを使用しています。上映会ではフィリピンや貧困問題に関係のある作品を上映しています。


 

○国際協力イベント HOT STEP
多くの人に貧困問題解決に向けて熱い一歩を踏み出してほしいとの思いから、2007年より他団体と協力して毎年イベントを行っています。円山音楽堂や、新風館で行いました。
HOT STEPのホームページ:http://hotstep.web.fc2.com

 

 


2007年のHOT STEPの様子

2008年のHOT STEPの様子

 

○勉強会
メンバーの知識を深め、伝える内容を向上させる為、GET内で定期的に勉強会を開いています。また、他団体との交流を通じて、開発教育の情報交換を行っています。

■国内の主な活動場所&活動頻度
場所:京都市伏見区のアクセス事務所、または京都市中京区の円町駅付近にあるスタッフ自宅にて
頻度:週1回の会議。企画の本番前は活動頻度が増える場合もあります。

他団体との合同勉強会の様子

 

■協力者・支援者&ボランティア募集

○GETで一緒に活動しませんか?
開発教育チームGETでは、訪問授業や、国際協力イベント、これからの活動のことなどを一緒に考え、行動するボランティアスタッフを募集しています。貧困問題をもっと多くの人に伝えたい。自分で考えた企画を実現させてみたい。など少しでも興味を持った方は気軽に見学に来てください。

○GETの活動にご協力ください
<訪問授業の場として>
それぞれの学校の想いやご要望にあわせて、フィリピンの現状を伝え、貧困について考えてもらう授業を作っています。授業ができる機会の提供をお願いします。



<アクセス開発教育プロジェクト会員として>
アクセスのプロジェクト会員(開発教育支援)となっていただくことが、開発教育の推進につながります。
年会費 一般:5000円/学生:3000円

<GETと一緒にイベントしませんか>
写真展やHOTSTEPなどの国際協力イベントを、一緒に作ってみませんか。GETでは、授業以外にも様々な形で、フィリピンをはじめ世界の貧困問題に目を向けてもらう「きっかけ」を作っていきたいと考えています。GETと一緒にイベントをしたい!という団体を募集しています。

■連絡先
メール: acce_get@yahoo.co.jp (またはサイト右上に表示の事務局)
*GETの更に詳しい活動内容、写真などについては、こちら