ホーム>「心のそしな」プロジェクト第三弾

アクセス−共生社会をめざす地球市民の会は、近畿ろうきんと協働して、預金者への粗品分の費用をフィリピンの子どもたちの給食にあてる「心のそしな」プロジェクトを、2010年5月1日より実施しています。

 

2010年前半期(5月1日〜9月30日)、2010年後半期(11月1日〜2011年3月31日)ともに、非常にたくさんの方々にご協力いただき、当初目標を大きく上回るご寄付をいただくことができました!(アクセスは、2010年6月より給食事業の実施を担当しています。)


★「心のそしな」プロジェクト 第二弾 報告書 PDF版

 

  

※画像をクリックすると、PDF版の報告書がご覧いただけます。

 

 

 

■□■ 第三弾もスタート! ■□■

2010年度に行った第一弾第二弾の成功を受け、2011年4月1日から、「心のそしな」プロジェクトの第三弾を実施しています。

近畿労金にて金融サービスをご利用いただくことが、同時に、フィリピンの貧しい子どもたちへの支援となります。

 

関西圏にお住まいの方で、本プロジェクトへの参加を希望される方は、ぜひ近畿ろうきんまでお問い合わせください。

※画像をクリックすると、PDF版のチラシがご覧いただけます。

 

【本プロジェクトの仕組み】

※近畿ろうきんにて金融サービスをご利用いただくことが、フィリピンの貧しい子どもたちへの支援となります。

※本プロジェクトは、本店、八尾支店、吹田支店で行っています。

  サービスによって本プロジェクトの対象にならないものもあります。

  詳細は近畿ろうきんにお問い合わせください。

 

 

 【フィリピンの子どもたちが置かれている現状と、本プロジェクトのねらい】

 

 世界銀行の調査(2007年)によれば、フィリピンでは2人に1人が一日2ドル以下の生活を

 強いられています。学校に通えない子どもたち、栄養失調状態の子どもたちが多数、存在して

 いるのが現状です。せっかく学校に通えても、朝食や昼食抜きで授業を受けるため、集中でき

 ない子どもたちも少なくありません。

 

 本プロジェクトでは、空腹のまま授業を受ける子どもたちに給食を提供することで、栄養状態を

 改善するとともに、学びの効果を高めることをねらいとしています。

 

 

◆募集期間

2011年4月1日〜2011年9月30日

※新規契約、積立額の増額にあたって、粗品代が給食費とされる期間

 

◆目標

子ども85人に1人あたり1日1食、1年分(18,700食)の給食を届ける。

 

◆給食実施期間

2012年6月1日〜2013年3月31日(220日)予定

 

◆対象地域

フィリピン共和国ケソン州アラバット島ペレーズ地区

   同国    パンパンガ州ピナツボ火山噴火被災地

 

◆主催

近畿労働金庫 本店営業部推進委員会 / 近畿労働金庫 本店営業部

 

◆協力

特定非営利活動法人アクセス−共生社会をめざす地球市民の会

◆お問い合わせ

【現地プロジェクトについてのご質問】

アクセス−共生社会をめざす地球市民の会  担当:野田

 TEL 075-643-7232 / E-mail acce@sannet.ne.jp

 

【「心のそしな」プロジェクトへの参加、預金等についてのご相談】

近畿労働金庫 本店営業部 

 TEL 06-6449-1211

 

 

★「心のそしな」プロジェクト紹介ビデオ、ぜひご覧ください!

ビデオ1

 

 

ビデオ2