ホーム>ニュースレター・バックナンバー

ニュースレター・バックナンバー

となりのアジア



「となりのアジア」
は、アクセスの発行しているニュースレターです。1996年から発行を開始し、2008年11月には100号を越え、現在も3ヶ月に1度、発行しています。

フィリピンと日本での支援事業の報告、フィリピンの社会や文化についてのコラム、スタッフ紹介、アクセス理事によるコラムなどを掲載しています。 ここでは、今まで発行された「となりのアジア」から抜粋して一部の記事をご紹介します。


◆特集
「子どもたちの未来をひらく、奨学金プログラム」
(2012年4月号 vol.116掲載)(PDFファイル)

◆プロジェクトの現場から
各プロジェクト地からのレポート
◇2012年4月号 vol.116掲載 (PDFファイル)
◆国内活動 PICK UP
アクセス日本の活動レポート
◇2012年1月号 vol.115掲載1(PDFファイル)  

◆駐在員報告
「ある光景−ゴミ捨て場の一隅で」
(2007年11月号 vol.95掲載)(PDFファイル)
◆フィリピン街角便り など
フィリピン街角便り「フィリピン料理バトル」
(2012年1月号 vol.115掲載)(PDFファイル)


◆ハロハロの記
となりのアジア2003年2月号からの連載。当時、事務局長であった森脇がアクセスの活動を通して学んだこと、考えたことを1ボランティアスタッフの立場で記したものです。 アクセスのような活動に参加することの意義、貧困とは?そして支援とは? 日々の活動から得たこれらに対する考えを率直にわかりやすくまとめた手記です。
  第一回 スタディツアーに参加した人たちの感想、フィリピンの物乞いについてのディスカッションなどから、知らず知らずに抱いている途上国の人々に対する蔑視の意識を探り出します。 蔑視の意識を克服し私たちに何ができるかを考えます。(「となりのアジア」2003年2月号に掲載)
  第二回 貧困とは何か? なぜ貧困は存在し、無くならないのか?
貧困について考えます。(「となりのアジア」2003年6月号)
  第三回 支援地域の住民とNGO/支援団体との問題意識のギャップをどのように埋めていくか、を考えながら支援のあり方を追求します。(「となりのアジア」2003年10月号)
  第四回 アクセスが現地で実際にぶつかった事件を交えながら、「フィリピンのことはフィリピン人の手で解決すべきであり、外国人は援助はしても主体となってはならない」という主張について考えます。(「となりのアジア」2004年8月号)
  第五回 第4回に引き続き、支援のあり方を、現地で体験した例を交えながら考えます。(「となりのアジア」2004年10月号)