ホームスタディツアー>スタディツアー12日間

スタディツアー募集要項 募集要項





子どもたちや住民の方々との交流時間が、た~~っぷり!

「見て、聞いて、感じる」だけでなく、「深く考え語れる」点が人気です。



スタディツアーのイメージ動画です。




✔ 一人では危険な、都市スラム訪問
✔ 農村暮らしの一端を体験
✔ 参加者の9割が学生さん
✔ 帰国後もボランティアできる環境
✔ NGO活動経験の長いスタッフが通訳・同行





✔ 一歩踏み出したい
✔ 地元の人とたっぷり交流したい
✔ 価値観が変わるような経験がしたい
✔ 自分にできる国際貢献を考えたい
✔ 「貧困」「戦争」「平和」に関心あり
✔ 行ったきりにせず、帰国後も活動したい










ツアー同行30回、野田沙良が語る、アクセスの活動

都市スラム、農村ホームステイ、ピナツボ火山の被災地

アンケートに見る、アクセスのツアーの素顔

★他の団体のツアー紹介もこちらでご覧いただけます。
http://myticket.jp/mouhitotsu-no-forum







関空発着-フィリピン航空

*その他の空港-ご相談ください。
*参加費には、関西空港発着の航空チケット代金が含まれています。

*マニラでの合流・離団をお考えの方もご相談ください。




16人 (最少催行人数 5人)



同行しません。

【同行】
呼びかけ団体であるアクセスの日本人職員が、1日目のマニラ空港到着時から最終日のマニラ空港出発時まで同行します。
関西空港からフィリピン航空をご利用の方については、アクセスのボランティアスタッフが関西空港出発から到着まで同行します。
関空以外の空港をご利用の方については、個別に現地での合流方法を相談させていただきます。

【通訳】
交流、視察、見学などの際にはアクセスの職員・インターン・ボランティアスタッフなどによる日本語通訳がつきます(フリータイム中を除く)。
英語が全く出来ない方でも、安心してご参加いただけます。




159,000円 ( 関西空港発着 )
★早割あり! 2017年1月12日(木)までにお申し込みの方は、3,000円引き

※関西空港使用料(3,040円)、燃油特別付加運賃(0円)、航空保険料(600円)、現地空港税(1,190円)が別途かかります。これらは、航空券発券時の為替レートや原油価格の変動などにより変更される可能性があります。
※関空以外の空港をご利用希望の方は、手配する航空券によって代金が変わります。ご相談ください。
※日本の空港発着が基本ですが、マニラでの合流・マニラでの離団をお考えの方も、ご相談ください。この場合、航空券代金を除いた参加費は111,000円となります。



①海外旅行傷害保険に加入いただくこと
②アクセスの会員またはサポーターであること


※会員・サポーターでない方には、申込書等の資料をお送りしますので、ツアー申込時に合わせてお申し込み下さい。
(会員・サポーター費  年額:学生3000円~/社会人5000円~)



2017年1月19日(木)

※申し込みが予定募集人員に達した場合は、申し込み期限以前に受付を終了する場合があります。
※申し込み期限を過ぎてお申し込みをお考えの場合は、ご相談ください。




*1月17日(火)、大阪で追加説明会が決定しました!詳しくは上の赤い「詳細」をクリック








        
日付
スケジュール(予定日程)
宿泊先
1日目
都市貧困を学ぶ 午前:関西国際空港から出発(空路)
午後:マニラ空港着、 宿舎にて旅行中の諸注意の説明、オリエンテーション

Parl Vil-la
Apartelle泊

(ケソン市内)

2日目
午前:ゴミ捨て場周辺コミュニティ①パヤタス地区を訪問、家庭訪問、
    コミュニティ内を歩いて見学
午後:ゴミ捨て場周辺コミュニティ②トンド地区を訪問、ディスカッション

Parl Vil-la
Apartelle泊
(ケソン市内)

3日目
午前:トンド地区・スモーキーマウンテン地区についてのオリエンテーション、
    住民を宿舎に招いて交流
午後:オリエンテーション(貧困の構造)、ディスカッション

Parl Vil-la
Apartelle泊

(ケソン市内)

4日目
農村の暮らしを学ぶ 午前:早朝よりケソン州アラバット島ペレーズへ向けて移動
午後:ペレーズ着、オリエンテーション

海辺の宿泊施設

(ペレーズ地区内)

5日目
午前:フリー
午後:農業・漁業をしている家庭を訪問、地域の若者との交流 

海辺の宿泊施設

(ペレーズ地区内)

6日目
午前:フェアトレード生産者との交流、商品生産体験
午後:住民との交流、ホームステイ  ※宿泊オプション(1)

ホームステイ
(ペレーズ地区内)

 7日目 午前:地域の保健センター訪問、家庭訪問、旧日本軍滑走路跡訪問
午後:ディスカッション、さよならパーティー
海辺の宿泊施設

(ペレーズ地区内)

 8日目 午前:マニラに向けて移動   午後:宿舎到着

Parl Vil-la
Apartelle泊
(ケソン市内)

 9日目 被災地に学ぶ 午前:パンパンガ州ピナツボ火山被災地へ移動
午後:被災地・教育施設などの見学、住民との交流、ホームステイ、
   ※宿泊オプション(2) 
 ホームステイ
(ピナツボ地区内)
 10日目 戦争と貧困 午前:戦跡「死の行進」記念碑見学
午後:旧日本軍による戦争被害者の方々との対話、感想共有
 Parl Vil-la
Apartelle泊
(ケソン市内)
11日目 午前:戦跡(サンチャゴ要塞など)を訪問
午後:ディスカッション
Parl Vil-la
Apartelle泊
(ケソン市内)
12日目  帰国 午前:ショッピング、空港へ移動
午後:マニラ空港から出発(空路)、関西国際空港にて解散
※宿泊オプション(1)- 希望者は海辺の宿泊施設に宿泊することも可能(追加料金なし)
※宿泊オプション(2)- 希望者はアクセス運営の幼稚園にスタッフとともに宿泊することも可能(追加料金なし)




都市貧困を学ぶ 被災地に学ぶ 農村の暮らしを学ぶ http://www.myticket.jp/form3a.html http://www.page.sannet.ne.jp/acce/inquiry.html