6月の梅しごと

梅のリキュールと減塩梅干を作ってみました
2回目の梅干作りの記録です
梅干作りに挑戦してみてね!


梅のリキュール

【材料】
青い梅 1s弱
果実酒用ブランデー
氷砂糖 200〜500g
保存瓶

【作り方】

1、青梅を水洗いする 2、水気をふき取って
へたを取る
3、保存瓶をきれいに洗い
アルコール消毒する
漬けるお酒を少量入れ、
まんべんなくすすぎます
4、竹串で穴をあけ、瓶に入れる
5、氷砂糖を入れる(200g) 6、瓶の口まで、
アルコール類を入れる
7、ふたをして冷暗所に置く 8、時々瓶を揺らします

2〜3ヶ月後に梅を取り出します
1年後から飲み頃です



減塩うめぼしの作り方

【材料】



梅(黄色く熟したもの) 3s
塩 150g (梅の実の5%)
ホワイトリカー 300cc

ホーロー容器
重し・重し蓋
消毒用エタノール
使い捨て手袋

【作り方】

1.30分水に浸けアクを抜く
水洗いする
2.ザルにあげ、自然乾燥させる
へたを取る
3.消毒用エタノールをふきんに
浸み込ませ道具を拭く
4.使い捨て手袋をして
水分を拭き取る
5.容器に入れる 6.塩を入れる 7.ホワイトリカーを入れる
8.鍋返しの要領で
まんべんなく混ぜる
9.重し蓋をする 10.重しを乗せる 11.風通しのいい涼しい所に置く
重しをして蓋をして保存
1日目
鍋返しの要領で
上下を入れ替える
2日目
梅酢が上がってきました
上下を入れ替える
3日目
梅酢の量も増えています
上下を入れ替える
カビが発生していないか
毎日チェックする
赤紫蘇を入れるまで、このまま
6月下旬
赤紫蘇と紫蘇酢を入れる
紫蘇もみの仕方は、
下に書いています
重しを軽くして
梅雨明けまで保存
時々カビが発生していないか
チェックする
梅雨明け後
天日干し(1日目)
三日三晩 干します
ネット幌付き干しカゴ
便利です
3日目
これくらいが好きなので、
天日干し終了
容器に入れて、冷蔵庫保存
紫蘇を絞ってのせておきます
我が家の場合は、
梅酢に戻しません
紫蘇は天日干しして
ミキサーにかけゆかりに
減塩梅干のできあがり
6月13日開始
7月29日終了


紫蘇もみの仕方

赤紫蘇の葉
梅1sにつき200g

水洗いし、自然乾燥させる

水気があるとカビの原因にまるので
よく水気を拭き取る
紫蘇の6%の塩を用意

半量の塩をまぶす
最初は量が多くもみにくいが
すぐに量が少なくなり
黒いアク汁が出てくる
よく絞って、アク汁を捨てる
ボールは水洗いした後、
水気をよく拭き取る

水気があると、カビの原因になるので注意
2回目のもみ

残り半量の塩を入れ、もむ
2回目は、紫色のアク汁
この程度で塩もみ終了

よくしぼり、アク汁を捨てる

ボールを洗い、
水気をよく拭き取る
梅漬けの梅酢を200tほど入れる
あら!不思議!
きれいな赤色に早変わり

これで朝紫蘇酢のできあがり
梅の上に広げます
赤紫蘇酢も入れて、重しをします

ふたをして、梅雨明けまで涼しい所に保管