70年代後半関西で活躍していた2大ロックグループ、シェラザードと山水館が1979年に合体したような形でNOVELAは誕生しました。シェラザードは現テルズ・シンフォニアの平山照継を中心としたプログレッシブハードロックバンドで第1回のロクfのテープコンテストで優勝した経歴を持ちます。NOVELAの音の根本ともいえるかと思います。一方山水館は現アクションのヨシローを中心としたポップでキャッチーなハードロックバンドで、当時すでにビジュアル面にも力を入れており、絶大な人気を誇っていました。初期アクションのスタイルはすでにこのころ確立されていたいえるかと思います。
 翌80年3月”魅惑劇”でメジャーデビューを果たしたNOVELAが日本のロックシーンに与えて影響は計り知れないものがあります。このHPに紹介しているプログレバンドだけでなく、後の関西を中心としたHMムーブメントも彼らの影響を強く受けています。日本のプログレというジャンルを定着させたのも彼らの功績ですし、当時大流行したジェラルミンケースも彼らなしには語れません。あまりこの手の音楽に明るくない人には、愛してナイトのビーハイブのモデルといったらわかるでしょうか?2度にわたるメンバーチェンジを経てやがて彼らは解散してしまいますが、15周年にあたる95年から度々イベントとして復活しており、今また静かにムーブメントが再々度起ころうとしています!