2003.秋・・・・黒留め袖リフォーム・レポ・・・・・






この秋に始めて黒留め袖のリフォームをさせていただきました。ほんとうに
思い出の籠もった立派なお召し物を思い切って洋服にお替えになる
ユーザーの英断に敬服するとともにこの機会に恵まれて感謝しました。
鋏をいれるのにどれだけ緊張したでしょう。模様を活かすのに洋服の
型紙の概念にとらわれないことが肝要と思い知りました。以下、報告です。

亀甲に四季の花々の慶祝に満ちた柄です。ほんとうに
商品というより芸術品といいたいような素材です。
お嬢様に譲られるとかで立派な体格にあわせて
スタイルプランを提案しました。

 

スカートに裾模様を活かすプランがいいだろうということになりました。それにこれを着るTPOは慶祝の場面なのでもっと
スカート丈を長くしてロングドレス風に・・ということでした。解いてみましと着物の上前の端から内側にはいる見返しの
部分も模様が続いて半幅のものがでました。

着物の裾模様はスカートに十分活かせますが、この見返し分は余ってしまいます。
もったいないので上着のフロントに活かすプランもスタイル画で提案し了解して
もらいました。





B・Cのプランでいこうということになりました。スカート部分は半幅、広幅と組合わさっているので洋服の前身・後ろ身の
概念を捨てないと構成出来ません。ファスナーあきも右側になりました。仮縫いの状態です。
 
この上下を取ってまだ短いスカートがとれました。着物は随分と面積があります。
フィッティングも上々でした。出来上がりです。
 

 
黒い短いスカートとこの上着を組み合わせても一寸したおめでたの席にでられると思います。
ボタンもジュエリーのような効果のものを吟味しました。費用の概算です。
ロングスカート・ジャケット・デザイン縫製  ¥100000
裏地 ¥3500
芯地など ¥1860
ボタン ¥2600
追加セミタイトスカート縫製  ¥12000
付属品  ¥1800






戻る