2019

MY日記 2019.3.3

午前五時半起床。日曜、隣保旅行の日。すこし
降るのかなという空模様。8時半用意万端整えて
ファミリに温いお茶購入に行く。車中での茶菓子用意。
9時半Nレンタカー到着45分9人全員揃って乗り込む
出発。茶菓子配る。柏原から北近畿に乗って春日で降りる。

あまり早く着きそうなので丹波に詳しい方が知恵を
出してくださって市島町の三塚史跡公園の梅林見物
をしようとなった。レンタカーに無理をいって回ってもらう。

なかなかいい規模の梅林。なにか国分寺跡なのか
大きな基壇が3つあってお寺の規模の雄大さを
思わせている。裏道伝いに国領にむかい11時半
温泉旅館「助七」に到着。皆さんほとんど入浴希望が

なく、すぐ会食に入る。ビール、お茶、ジュースが
一巡して私が音頭取りで乾杯。歓談とともに会席料理に
 
箸をつける。予算からこの程度と予想していた以上に
次々と山海の珍味がでてきて満腹だった。始めに
ワカサギのユズ煮やむこうずけでビールがまわる。
お造り、茶碗蒸し、蒸し牡蠣、酢の物、蟹鍋に
パラフインの火が入る。それから天ぷら味噌汁
ご飯漬物デザートとたっぷりすぎるメニューで
晩ご飯はいらないなど言う方もあって組長として
ほっとする。支払いもすませ1時半辞す。インター近くの

道の駅「おばあちゃんの里」で土産買い。欠席の方用に
すこし購入。雨となってきた。箸袋に印刷された
でかんしょ節を歌わされて車中までそれが続いた。酔いが
まだ残っていて高歌放吟がやっと多可町にはいって収まった。
いいホリデーであった。やれやれ。レンタカの支払いも完了
区長に15日のコミセン使用を申し込んでおく。明日から
決算作業と欠席者への返金と土産配りなど用事が多い。
夕食焼き鮭、なめこ汁、炊き込みご飯「韋駄天」列車の
ユーラシア大陸横断。金栗、三島と外交官夫婦。
主人が結核という状況。オクニョ。王の意識回復に
皇太后の告白、オクニョはすべて知ってしまう。次世代の王
を巡る思惑と暗躍。

my日 記の動機や2.3のリンクなど別ページで書いてるのを掲げます。リンクでどうぞ
ご感想ご意見談話室掲示板からどうぞ