FIX Ring 0082-2



UC.0082.10.17
Ring File No.3


新世界(ニューワールド)

旧世紀に於いて未開の大陸を開拓する者たちは罪人達であった。

宇宙移民

彼等の命は安価なモノとされていた・・・ただ
その新しい世界に自分の座る椅子と食料が潤沢に用意されている・・・筈。なのだ




連邦の大政策 〜宇宙への移民計画〜
それは・・・地球の延命を主名目に掲げ
国民の命を危険に晒しても得るべき糧であろう。
”飢え”は平等に正常な意識を奪う・・・。

真空の宇宙に浮かぶ人口のアイランド。
島三号型コロニー
シリンダーに詰め込まれた人為的な自然と人間。
地上のような極めて高い貧富の差を避ける為
平等に狭く、貧しく、食料は乏しく、税金は高い

開拓者としての尊厳はなく・・・流民を扱うが如く圧政である

不自然な空間は人の意識を狂わせる、或いは・・・より正常に導くのか?

シリンダーの中で生れた人々は〜その世界を自分の精神世界に取り込む

何故、虐げられるのか?新たな思考、思想

連邦にとっては忌むべき罪人達の脳内電気信号を武力により書き換える

MSは正しさを証明する為に生まれた存在・・・。

不平、不満、理想論を抱えシリンダーは回転し命をハグクム


UC.0083.1.01
Ring File No.4

中立地域の映像作家
U.C.0079の写真家 
”クラウディア・S・ギッシュ”
以下の写真は一年戦争当時中立サイド及び地球上の中立地域で公開された写真である



主に地表の ”雲”を撮影したモノが多いのだが・・・。
0079当時に・・・この写真を両軍の兵士が観る事に拠る精神的影響が大きかった・・・
故郷への郷愁心を誘うのが目的なのか?
宇宙移民側の地表に発生する大気現象の情報漏洩?

戦争が膠着状態にあった際の公開だった為に様々な憶測が飛び交った。
真偽は未だ判明せず・・・。



”クラウディア”という写真家が存在した事実は公式記録には存在しない・・・。

それがこの写真の公開目的に一部の者から嫌疑が掛けられのである

人は戦争の中では美意識さえも変換せざるを得ない





上昇中の機体を撮影するのは軍事偵察と解釈された時代・・・故に仕方がないであろう。
彼女が ”美”を求めていたであろうことは0083の時点では理解出来る

UC.0083.2.28
Ring File No.5

回収された過去のキオク
(0080.02.03)
予期せぬ・・・蠢動



14の腰に増設してあるアクティブ・ポッドのガスが噴出・・・
"ボワァッ"
機体の位置を瞬時に移動。
亜高速の光の束が二条・・・左に流れた・・・。
強烈なGの変化でパイロットの口から悲鳴と同時に嗚咽が漏れる・・・。
それは・・・女の声・・・ボイス・レコーダーに記録されたであろう・・・。



サイド3〜本国周辺の安全な筈のテスト空域での会敵・・・機体が大きく反転する
彼女は一瞬のレバー操作を行いMSをバレル・ロール安定させる・・・。
急激な軌道変更で増加試作された全転周期型モニターのコックピットは盛大に警告音を発する・・・。
退避行動を行いつつ・・・機体状況を確認。
モニター正面には敵、戦艦マゼランが一隻・・・これはシミュレーションではない。

単艦で行動する・・・特務偵察艦・・・???
コレハ・・・ムダナ・・・思考ダ・・・。

14は・・・増設大型化されたテール・バーニアを吹かし機体の方向を更に大きく変位した。
"バッ・・バッ・・・"
肩の姿勢制御バーニアが真空の宇宙(そら)の中、
JGの胴体と腕間接のダンパーを通してコックピットの追加モニターを微かに震わす・・・。

・・・被弾は・・・していない・・いつもの感じだ・・・。

僚機のチュシャ・ネコ(空間型ドム)は・・・敵味方の識別信号を消し暗闇のどこかに消え失せた・・・。



足元を・・・敵艦の主砲の亜高速の光の奔流が二条・・・流れる。

 "これは・・・精神的にマズイ・・・"

ル・アール家の息女である・・・アニエスの額から汗が噴き出していた・・・。
ノーマル・スーツの中で首から汗はカイテモ・・・顔には出ない・・・ポリシーだった。

MS開発スタッフの中でも彼女の愛想の無い態度は・・・冷水を通り越してしいた・・・。
旧世紀の隠語・・・アイアン・ハートと陰口を囁かれていたのを彼女は一度耳にした・・・。

このコックピットを降りた瞬間、化粧は剥げ落ちている・・・可能性がある・・・。
実験チームのスタッフにはミセタクナイ
ヘルメットは脱がずに・・・そのまま・・・降りル

彼女は現在、自分の命よりも未だに容姿にコダワル・・・。
ウラワカキ・・・オトメノ・・・セイヘキ

彼女の14JGはZIMMUD社から技術供与を受け後方スカート内の5基のエンジンを両脇の二基を残
し中央に彼等が云う〜フェニックス型XI型改のエンジンを装備、試験運用中の会敵であった・・・。

機体を急速反転ロールさせる

回避行動をオート(ハード・モード6)に変更
戦闘パネルから14の右手に装備してある対艦砲のウェポン・コントロールを選
択。
"残弾6・・・確認"
回避行動をマニュアルに変更
戦闘パネルからの入力で対艦砲のターゲット・スコープが赤くメイン・モニター
に投影される・・・。
新型コックピットと旧型のモニターシステムを組み合わせた照準精度は頼りな
い・・・。
照準にズレがないコトを祈りつつ・・・
 "敵・・・テキ・・・敵・・・"
"トランプ・マークの兵隊(GMとボール)を出す前にオトス!"






ノイズ・リダクション後の映像である・・・0083の画像技術で12回の処理をされてプロトJGの姿が明らかになった。
特徴的な胸部コックピットの膨らみは現在、開発中の全転周モニターを採用していたと推測できる。


ル・アール・アニエスは対艦砲のトリガーを引き絞った。
"コンッ・・・コンッ・・・・・・コンッ・・・"
初弾からの連射のゲキテツの音がコクピットのモニターを震わす。
残弾二発を残す。

回避しつつ連続射撃を行う・・・冷静に冷静に・・・。
ロング・バレルの発射反動を機体背部の制御バーニアで打ち消しつつ・・前に・・・前に・・・出る

"・・・怖がるんじゃない・・・・フローレンス・・・カリヴァー・・・"

彼女は自機の14をそう・・・・・呼んでいた
      ・・・・・・・・・彼女の声音は優しく・・・僅かだが母性を帯びていた・・・・
                 ・・・・額の汗は・・・既に気にならなくなっていた・・・。
トップへ
トップへ
戻る
戻る



FIX Ring 0082-3
FIX Ring 0082-3