21 今井雄太郎

 今井の雄ちゃんは数少ない完全試合を成し遂げた投手の一人です.この完全試合をするまでの雄ちゃんは期待はされているものの,目立った活躍はまったく無い選手でした.78年仙台宮城球場でのロッテ戦です.私がこの試合のことを知ったのは,NHKでのニュースのスポーツコーナーでした.当時はダイジェスト映像もなく,最後のバッターうちとって万歳する雄ちゃんの姿だけでしたが,その嬉しそうな顔が印象に残っています(民放のもう少し遅い時間の番組ではあったかも知れませんが,私が見たのはNHKのこのシーンだけでした).
「野球の虫」の完全試合 今井雄太郎

 それ以後の雄ちゃんはそれまでとはまるで別人のようで,ローテーションの一角に食い込み,山田と共にブレーブスを支える投手に.
 81年に19勝で最多勝.(この時は,20勝と単独最多勝を狙って何回か登板したものの19勝止まりでロッテの村田と同じ勝ち星でシーズンを終える.)そして,84年には21勝の最多勝に加え最優秀防御率のタイトルを獲得して阪急ブレーブス最後の優勝の立役者になりました.
 84年に優勝決定した瞬間のマウンドでの満面に笑みを浮かべ万歳をする雄ちゃん.投手二冠を取ったこの年でしたが,三冠王のブーマーがいたため最優秀選手にはなれず,当時沢村賞はセ・リーグ限定だったためこれも取れず(この年は該当者なし).けれども,いつもニコニコの雄ちゃんはそんなことまったく気にしていないかな?

 雄ちゃんといって忘れてはならないのがお酒の話.ひとつめは有名な話で,入団して数年の間,ブルペンではいい球を投げるのに試合ではほとんど活躍できないのは雄ちゃんの気の弱さ(あの人のよさそうなニコニコ顔を見ていると本当にそうだなと思えます.)が原因ではと首脳陣がビールを飲ませてマウンドに上らせたという噂.
 もう一つは,山田と一緒に飲みに行くと,「山田がなんじゃい?なんぼのもんじゃい!悔しかったらパーフェクトしてみい!!」と山田によくくだを巻いたという噂.
 どちらの話も何かのインタビューで「そういう事もあったかもしれない」と照れくさそうに話しているのを聞いたことがあるので本当らしい.とにかくお酒は大好きだそうで.(*)

 打たれてもあの顔を見ると憎めないそんな選手でした.

bravie 98/11/10

 (*)と書いた後で,偶然本屋で「野球の虫」の完全試合という本を見つけました.この辺のお酒の話も載っていました.まぎれも無い事実として.

このページに関する感想・お問い合わせは, bravie[at]sannet.ne.jp まで.(お手数ですが,[at]を半角の@に置き換えてください)