14 山内嘉弘

 山内はアニマルの後ブレーブスの押えの切り札として新人の頃(阪急ブレーブス最後の年)から期待されていました.すごい速球があるわけではなかったけど,フォークというかSFFというか,落ちる球が特徴のピッチャーでした.
 私自身が山内について印象に残っていることは,ブレーブスに入ってからよりもその前のことです.83年高校野球の夏の大阪地区予選.準決勝でPL学園(桑田,清原が1年生の時)と対戦した茨木東高校は山内の好投でPL打線を苦しめるものの,結局一つのエラーで惜しくも負けてしまいました.大阪に住んでいる人にはわかると思いますが,「大阪では野球は私立高校が強すぎて公立高校は歯が立たない.」というのが常識です.それを久しぶりに覆したのが,その前年の春日丘高校でした.そして2年連続での公立高校(茨木東高校)の活躍に私はラジオを聞きながら一生懸命応援していました.茨木東高校・春日丘高校は私の家のすぐ近くの高校ということもあったんですが...
 卒業したら阪急に来てくれないかなと願っていましたが,近畿大学に進学してしまいました.近畿大学時代の活躍はあまり知りませんが,完全試合をやったことだけは記憶に残っています.(試合を見たわけではなく新聞記事で知ったのですが.)
 その後86年のドラフトで阪急に入団が決まった時はほんとに喜びました.

 しかし,プロになってからの印象はほとんど残っていません.押えのエースとして期待していたことは覚えていますが,それほど活躍することなく(故障もあったのかな)ヤクルトを経て,98年にはブルーウェーブのバッティングピッチャーになったようです.

bravie 98/10/31

このページに関する感想・お問い合わせは, bravie[at]sannet.ne.jp まで.(お手数ですが,[at]を半角の@に置き換えてください)