坪田直子さん−とべない鳩のように


 幼くして両親を失ったあき(栗原小巻)と,十年前姉あきと義理の叔父竹村(岡田英次)との不義の行為を目撃し,怒りのあまりはなればなれに暮らしている隆(田中健)の姉弟の愛情を描く.
 出演はほかに細川俊之,坪田直子,うつみ宮土理ら.
 遠洋まぐろ漁船員の隆は,船内に置いてあった雑誌から,あきが外人音楽家を招へいする呼び屋として華々しく活躍していることを知った.航海を終えた隆は偶然知り合った少女ひとみ(坪田直子)とともに,あきの主催する演奏会場へ行き,あきと再会した.

77/1/7 朝日新聞(東京版)朝刊


 あきと竹村の間はすでに一年前に終止符が打たれていたが,隆の疑惑は広がるだけだった.親しくなったひとみとあきのマンションでわずかな時間を過ごした隆は,町へとびだし,ヤケ酒をあおった.数日後,あきは仕事の合間を縫って恋人の松波(細川俊之)と京都であう.
 そんなあけみに虎吉は人間魚雷「回天」に乗っていた時のことや,子育ての苦労話を問わず語りに話し始めた.
 やがて伸一と次郎が警察に補導され,二人を捜す虎吉は交通違反でパトカーで追われるうちに再び頭痛の発作に襲われる.

77/1/14 朝日新聞(東京版)朝刊


 以降坪田さんは毎回出演されていたようですが,新聞の番組紹介欄には出てきません.あきの恋人松波の愛人(加賀まりこ)などが出てきて,最後はあきが恋人にはふられ,弟隆も出て行き...どうなったんだろ...


bravie 98/12/5

このページに関する感想・お問い合わせは, bravie[at]sannet.ne.jp まで.(お手数ですが,[at]を半角の@に置き換えてください)