劇団CHAN'T公式サイト CHAN'T_WEB お問合せ先 | サイトマップ   
プロフィールアーカイブ入団案内掲示板リンク
 ホーム > アーカイブ
アーカイブ
 
2006年10月6日・7日の2日間、第14回公演「あい−浮世は夢よ、只狂え…−」(作−柴崎愛・演出−佐藤武)を浦和スタジオプラネットにて上演。出演は柴崎愛、鈴木麻友、山本晃子、平松李恵、きよか、宮島麻衣、こみちゃん、小野寺佐知子、井原二三惠、佐藤武。
劇団入団1年の柴崎が脚本をはじめて担当した作品。詳細はこちらで。
直前のワークショップで非常に好感をもっていただいたため、10人というぜいたくなくらい役者がいた公演となった。また、演劇の経験がある役者が多く、女性ばかりでどうなることかと不安もあったが、非常に前向きに、かつクオリティの高い作品を作り上げることができた。
そんな中で台本を担当した柴崎と、主演の鈴木はそれぞれ演劇経験がなく初舞台であったが、見劣りのしない、期待以上の演技を見せつけてくれた。
外部スタッフとしては、前本公演同様にM.Funachu氏に振り付けを依頼し、チラシのイラストは朝子・K氏が担当してくれた。また、当日の音響、照明にも経験者が加わり、これ以上ないくらい役者スタッフとも強力な布陣での作品となった。
Vol.14 あい−浮世は夢よ、只狂え…−

2008年3月22日・23日の2日間、特別公演「いとしいひと」(作・演出−佐藤武)を鳩ヶ谷市民センターDOVEにて上演。出演は成田健二、平松李恵、小野寺佐知子、近田菜摘、井原二三惠、鈴木麻友、佐藤 武、柴崎 愛。
主宰佐藤の出身地、鳩ヶ谷市にて活動をする「鳩ヶ谷を面白くする会」に招待され、「はとがや芝居小屋第3回公演」として上演をした作品。詳細はこちらで。
「はとがや芝居小屋」3回の集大成として、過去に劇団で上演した作品の再演を行うという冒険に出た作品。「果たして鳩ヶ谷の皆さんにどう受け止められるか?」…反応は3回で一番よかったとの声。自分達のスタンスを改めて認識し、受け止めることができた作品となった。
Special Ver.9 いとしいひと

Next
 

お問合せ | サイトマップ | 著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー