劇団CHAN'T公式サイト CHAN'T_WEB お問合せ先 | サイトマップ   
プロフィールアーカイブ入団案内掲示板リンク
 ホーム > アーカイブ
アーカイブ
 
2014年6月21~22日の2日間、第15回特別公演「Dasein~太宰治といくつかのお話~」(原作-太宰治 構成・演出-佐藤武)を江古田 カフェ・イベントスペース兎亭にて上演。
出演は米田匡史、沖円歌、竹ノ内美緒、柴崎愛、矢櫛雅人、黒木唯、山口絵梨、清水敦夫、全佳林、河浦あやみ。詳細はこちらで。
劇団CHAN'T五度目となる太宰は、劇団旗揚げ20周年を記念するまさに「お祭り」。太宰の本領発揮ともいえる短編を、丁寧に紡ぐ、とっておきのオムニバスとなった。その結果、より多くの方に太宰のエンターティナーな一面を感じていただき、ご好評をいただいた。
劇団として初めてのカフェ公演となったが、メンバー一同、スタッフとしても動き、お迎えし、そして一緒に「お祭り」ができた公演となった。
ちなみに一番好評だった短編は「恥」。柴崎と黒木の「ずるい」組み合わせが大スパーク。全ての公演とも多くの笑いをいただく怪演を披露いただいき、気づけばスタッフをしてたはずの演出 佐藤まで笑ってしまったのはここだけのお話。
vol.21 この扉の向こうへ

2014年11月28〜30日の3日間、第23回公演/旗揚げ20周年記念公演「シシャのウタ2014」(作・演出−佐藤武)を王子 pit北/区域にて上演。
出演は竹ノ内美緒、柴崎愛、永溝勇次、米田匡史、清水敦夫、矢櫛雅人、黒木唯、国井希美、好沢晴美、齋藤由依、沖野舞、佐藤武。詳細はこちらで。
10周年、15周年の節目に上演されている「シシャのウタ」の再々演。
過去に上演された様々な演目のエッセンスを盛り込み、CHAN'Tらしいテンポとスピード感全開の祝祭的公演となった。
スタッフワークでは、装置のオノ氏、照明の志佐氏、舞台監督上野氏というレギュラーメンバーに加え、音響の竹下氏にご参加いただき、20周年のお祭りを更に盛り上げていただいた。
特に、客席として使用されている部分を舞台面に、舞台面として使用されている部分を客席化するなど、意欲的な舞台作りには、ご来場のお客様やpit北/区域の小屋主様から驚きとご好評の声をいただけた。
フライヤーも前作に引き続き越川茜氏のイラストと、劇団員である宮島の手により、これまでにないクールなものが生み出された。
ちなみに、終演後の打ち上げでは座長の佐藤に劇団員から20周年おめでとうの寄せ書きプレゼントが。劇団員、出演者、スタッフ一同、小屋主様、浦和の居酒屋の店長様などなど…たくさんの方々のコメントに、佐藤は目をまるくしていたのであった。

 
Next
 

お問合せ | サイトマップ | 著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー