劇団CHAN'T公式サイト CHAN'T_WEB お問合せ先 | サイトマップ   
プロフィールアーカイブ入団案内掲示板リンク
 ホーム > アーカイブ
アーカイブ
 
2015年12月4~6日の3日間、第24回公演/ありがとう!「pit北/区域」記念公演「マカロニ」(作・演出-佐藤武)を上演。
出演は矢櫛雅人、柴崎愛、沖野舞、清水敦夫、齋藤由依、津山依久、村松あかね、小野村あずさ、末永貴之、佐藤武。詳細はこちらで。
2015年12月末をもって閉館となった、王子のpit北/区域でのフィナーレ。
劇団CHAN'Tのホームグラウンドと言ってもいい、大切な劇場であった。
pit北/区域の最後を飾るにふさわしいものをと、客席面と舞台面の逆転、目つぶしの照明、くす玉、縄梯子での見せる移動などなど、「やりたいことをこれでもかと盛り込んだ!」公演となった。
キャストでは、これまでメインを支えてきた劇団員の竹ノ内、黒木、米田らが出演できなかったものの、大黒柱、柴崎が「これでもか!」と生き様を見せつけ、さらに入団1年を迎えた沖野もその著しい成長を見せ、初主演の矢櫛を中心にCHAN'Tらしいテンポとスピード感、そして生きる芝居の魅力が満載のお祭り的公演となった。
スタッフワークも、レギュラーメンバーとなった装置のオノ氏、照明の志佐氏、音響の竹下氏、舞台監督上野氏、さらに フライヤーも越川茜氏のイラストと、劇団員の宮島のデザインがタッグを結び、大成功のうち無事に終演することが出来た。
ちなみに、『日替わりゲスト』として、劇団員の百武勝、黒木唯、竹ノ内美緒も出演。特に百武勝は、劇団在籍21年目にして初舞台。緊張が新鮮な公演でもあった。
vol.21 この扉の向こうへ

 
Moreover, next stage.
 

お問合せ | サイトマップ | 著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー