劇団CHAN'T公式サイト CHAN'T_WEB お問合せ先 | サイトマップ   
プロフィールアーカイブ入団案内掲示板リンク
 ホーム > アーカイブ
アーカイブ
 
2000年7月15日・16日の2日間、第8回公演「いとしいひと」(作・演出−佐藤武)を浦和ホーリィ・クリエイティブスペースにて上演。出演は成田健二、熊倉訓子、猪股紫紀、今川恵理子、二木綾子、佐藤武。
さすがに3人公演2連発のダメージは大きく、終わってしばらくの間は芝居の「し」の字も忘れたい状態であった。ところがここに来て状況が変わっていく。たまたま佐藤が仕事で知り合った熊倉の勧誘に成功する。さらにインターネットを見て二木が参加を決め、よくわからないうちに成田も「お、お、俺もや、や、やりますよ」と言い出す。そんなこんなでキャストにある程度の人数が集まったことから、「やっぱり公演しようか」という話にたどり着き、いつになく順調に稽古が始まる。
あ、というかもう色々ありすぎたので驚きも薄くなっているが、当初出演をする予定だった二木の友人が2〜3回稽古をした時点で「私にはできません…」と言い出してしまい、たまたま出る予定でなかった猪股が舞台に引きずり出されることとなる。まぁ、あまりにもあっという間の出来事だったので、今となってはすっかり忘れてしまっているのだが。
初舞台となった熊倉、二木は見事な演技を見せる。熊倉はヒロイン役を堂々と演じきり、二木はコミカルかつパワフルな演技で舞台を駆け抜けた。
Vol.8 いとしいひと

2000年10月15日、特別公演「Lion Heart」(作・演出−佐藤武)を県立浦和青年の家にて上演。出演は二木綾子、松尾美鈴、熊倉訓子、井村司英、成田健二。
「浦青まつり」へ3回目の参加。大分慣れてきたとも言えるのだが、日程的に縁がなく、代表の佐藤はこの時も仕事のため劇場に姿を見せられなかった。前作でいい演技を見せていた二木、熊倉は安定感のある演技を見せ、特に二木は前作のコミカルなキャストから、存在感のある主人公へと見事な脱皮を見せる。松尾、井村が初舞台。いずれもインターネットを通じての加入。松尾は体育大出身らしく良くも悪くも力強い演技を見せ、井村はバレエダンサー出身という良くも悪くもエレガントな演技をみせる。ああ、2人がいっそ入れ替わってくれればというのが本音。
あ、成田はぶっちぎりでした。というか、成田にしかできない役「マスター」で怪演を、披露しました。
Special Ver.3 LionHeart

NEXT
 

お問合せ | サイトマップ | 著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー