主宰ご挨拶
唐突ですがプロ野球の話を始めます。今年のペナンとレースは事前の予想を大幅に覆してセリーグではヤクルトスワローズが、パリーグでは近鉄バッファローズがそれぞれ優勝を果たしました。2チームの前年度を考えると(ヤクルトー4位、近鉄ー最下位)信じられないような結果であります。さらに、日本シリーズでは、ローズ・中村を擁する近鉄をあっさりと突き放し、4勝1敗でヤクルトスワローズが日本一を決めました。これも混戦が予想されていたのに反した結果でした.
 なんで、野球の話なんか急にしているんだ。とお思いの方もいらっしゃるとは思いますが、それは別に深い意味もなく、僕が幼稚園児からの熱狂的ヤクルトファンだからに他なりません。いやぁ、本当にいいシーズンでした。何より日本一に輝いた喜びもさることながら、今年のセントラルリーグを制したと言うことが嬉しくてたまらないのです。
 今年のヤクルトは先に述べたように、解説者の予想順位を見ても、関西にある電鉄系チームの次に低い評価でありました。実際、昨年までエース格だった川崎選手のFAによる移籍、切れ味鋭いスライダーを武器に先発の柱と期待されていた伊藤智投手の怪我による戦線離脱など、開幕前に届く情報は決して喜ばしいものではありませんでした。
 で、ふたを開けてみれば…ペタジーニ、古田ら主力選手の活躍と丁寧かつ緻密な野球を展開し、そこへ入来、前田ら他球団から捨てられるように扱われた選手たちの気迫あふれるプレーが加わって、同じ東京の新聞系4番ばっかりチームなどを倒し、優勝という結果を残すことができたのです。
 そのヤクルトを見て感じたこととして、以前までと違い、選手が気持ちを大事にして野球をしているということです。ヤクルトの今の監督を知っている人がどのくらいいるでしょうか?ましてどのような戦術を重視する監督なのか?―――決して若松監督を侮辱するつもりはありませんが、それはすごく重要なことなんじゃないかと思います。
 前任の野村監督時代には「監督の采配」「監督のカラー」「監督の…」と監督がメインに扱われてきました。確かに野村監督は優秀な監督(関西にある電鉄系チームではなかなか結果が出せないようですが)ではあると思います。ですが、重要なことととして実際にグラウンドでプレーをするのは、監督ではなく選手だということです。
 結局のところ何を言わんとしているか、モチベーションという言葉でも言われたりもしますが、気持ちがあるのかないのか、それはどんな種目でも、どんな事項においても非常に重要な要素なのではないかと思うのです。IDだの、戦略だの、うんぬんかんぬんぬかしたところで、選手にやる気がない以上は結果もそれなりのものしか残りません。
 ここにきてようやく芝居の話です。当然のことなのですけど、芝居をするのは演出でも、脚本家でもなく、役者です。だから僕は役者の気持ちをすごく大切にしています。例えば、力の発揮できない役者をあっさりとスタメンから外すことは簡単です。ですが、その役者の潜在能力にギリギリまで賭けてみたいと様々な方法を試して、挑戦をしていたいと思うのです。何より大切なことはいい芝居をみんながいい気持ちで作ることができることだと思っていますから。
 そんなわけで、稽古時間は多くありませんでしたが、気持ちを大切に戦ってきました。良い結果が出せればと思っています。いえ、信じています。本日は本当にありがとうございます。最後までごゆっくりお楽しみください。では、
劇団CHAN'T 佐藤 武