劇団CHAN'T公式サイト CHAN'T_WEB お問合せ先 | サイトマップ   
プロフィールアーカイブ入団案内掲示板リンク
 ホーム > feat.戦国魂トークライブ2008
 featuring 戦国魂トークライブ2008 〜本能寺黒幕説〜




歴史ファンの積年のミステリーであった
「本能寺の変」の謎をメインに戦国にどっぷり浸る3時間!

6月28日(土) 開場:12:30〜 開演:13:00〜

LOFT/PLUS ONE http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/ 会場地図はこちら
新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL (03) 3205-6864

●おしながき(概要)

竜笛を聴き、酒を酌み交わし、祝杯をあげる本格派戦国ファンイベント

一章:戦国乱世の裏切り模様、これが「謀反」だ!
二章:これだけは知っておきたい「本能寺の変」
三章:極秘トーク「本能寺の変黒幕説」
四章:真壁太陽戦国古城めぐり ツアー
五章:発表!本能寺の変、ついに黒幕が暴かれる!

更に、戦国魂の最新活動やニューアイテム披露、新サービス、抽選で戦国グッズも当たる!!

 

そんなわけで知っている人は知っている。
知らない人はもちろん知らない「戦国魂トークライブ」
今回はじめての開催となったこのイベントに劇団CHAN’Tが
堂々(?)featuringを果たしてまいりました!

ここでは今更ながらの結果報告なんかを、
静かにお送りしております。

あ、戦国魂さんの公式報告はこちらから拝見できます。
 

そもそも…

何で戦国かって話です。
それはちょうどイベントを企画した方が劇団製作の知人で、
「役者を探しているんだけど…」なんて相談に、
「それならうちの主宰を紹介しますよ〜」なんて
気軽に応えたことからはじまりました。

なので、featuringとはいいつつ、
実際に参戦したのは主宰 佐藤だけでして、
他メンバーはそれを見にいったと(笑

ですが、ここで演じた「明智光秀」は
劇団主宰 佐藤にとって堂々の「尊敬できる人物」で、
今の職場の採用面接でも堂々答えたくらい思い入れのあるお方なのです。

そんな思い入れがぎっしり詰め込まれた3時間。
(実際の出番は3時間もありませんでしたが)
佐藤も存分に楽しみ、心震わせることができました。

今更ですが、戦国魂の皆様、当日の運営に携わった皆様、
そして、ご来場いただきました皆様に心からお礼申し上げます。


あ、こっから下は完全内輪ウケです。
当日の雰囲気なんかを劇団「制作」の平松嬢が、
克明に一言リポートでお送りします。


平松嬢のコメント 座長のツッコミ
パイナップル娘。1 いや、多くは語らないよ。新宿に行くとパイン食べたくなるもんね…。にしても、記録写真の1枚目がこれとは(苦笑
パイナップル娘。2 わざわざ2枚に分けて撮らんでも…鈴木、メロンだし(笑 あと何気にさちの目線が鋭いのはなぜ?
これ、送ってもよかっのでしょうか…? おっ、やっと本番風景…って、いきなり手ブレかいっ!しかも動揺がコメントに伝染して…多くは語るまい。
やっと、使用できる写真です。 だいぶ手ブレが改善されました。よかったよかった。ま、これでもだいぶ補正したんですが…
あの文字ランプ、消せなかったのでしょうか…。怖い。 そうなのです。ライトが燦然と輝くここは新宿ロフトプラス1 当日会場の壁を見たら水野晴郎さんのポラが…合掌
ぶれずに撮れたらかっこ良かったのに…。 いやいや、だいぶブレも気にならなくなってましたよ。ただ衣装の下のSTAFFの文字が…自爆です。
これ、一番のお気に入りです☆
よく撮れた、自画自賛!
そうだね〜!
戦国魂さんの公式報告にもこの写真が採用されましたよ!うん、ライトがいい。…あれ、また自爆
これも何気に、お勧めです。 です。ここがトークライブのメッカと聞いていたので、一瞬くらいそういうポーズをと狙ったんです。コメンテーターみたいでしょ。
画面の角度を変えると、世界が広がります。 ん?なんだこれ?
その答えが次の1枚で明かされます。
フラッシュ付き☆ ちゅうわけで、こいつが劇団製作のイシオカです。安請け合いで俺を窮地に…ま、この2枚で勘弁してやろう(苦笑
上尾レディ。シガースモークと大人の香り。
(そろそろ、訳が分からなくなってきました…)
いやぁ、素敵。


いや、この1枚にはコメントが(自粛
サチのこういう表情好きなんです、はい。 うん、いい顔。
サチが一番楽しんでいたという話もありますが、本当に楽しんだのは3千円分も飲んだイシオカだと僕は思っています。
二人とも、嬉しそうな顔してますよ(笑)
すごくイキイキしてる…。
真ん中が当日MCをしていただいた姫ネエさんです。ゲーノー人ですよ。オーラが違います。
いや、2人は2人で…素敵ですよ。
麗らかな午後の戯れ 多くは語りません。
ま、完全内輪ウケなので。
ね、みなさん(・∀・)
といいつつも、
本当平松嬢にも感謝です。
撮影禁止の中、一杯の写真をありがとう!

そして、改めてごめんなさいっ!
 

お問合せ | サイトマップ | 著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー