劇団CHAN'T公式サイト CHAN'T_WEB お問合せ先 | サイトマップ   
プロフィールアーカイブ入団案内掲示板リンク
 ホーム > 第7回特別公演「ウチのイマでシュウマツを」 > アンケート特集
ウチのイマでシュウマツを
アンケートから

 劇団CHAN'Tでは、第1回公演から毎公演ごとにお客様からアンケートをいただいております。いただいたアンケートは、今後の活動の参考と、劇団からのお知らせをお送りする際の宛先として活用させていただいております。
 今回の公演でも134枚(回収率72%)ものアンケートをいただきました。うれしいご感想、厳しいご意見、それぞれに改めて感謝しております。
 そんな感謝をこめて、今回は初の試みとしてアンケートに書かれたご質問にお答えしたいと思います。

回答者:佐藤(演出)
犬の名前は?
 グルミットです。
 この名前はボクの大好きなクレイアニメ「ウォルスとグルミット」に登場するグルミットからいただきました。グリコのプッチンプリンのCMといえばお分かりになる方もいるのではないでしょうか?この作品は本当に良くできた作品で、ピリッと効くユーモアと独特の温かみが再考の作品です。現在3本の作品をレンタルショップで借りることができます。ちなみにアテレコはあの欽ちゃん。ぜひ機会があったら見てみてください。
 ちなみに某長野県知事もこの作品の熱烈ファンで、たまにグルミット柄のネクタイとかしてTVに出てたりしていますよ。
 
どうして犬はいきなり歌い出すの?
 「おまわり」と言われれば太陽にほえろのテーマを口ずさみ、「ふせ」と言われるとシクラメンのかおりを歌いだす。そんな犬のことばは誰にも聞こえていない(泣き声しか聞こえない)はずです。ちなみに劇中には他に父が歌い上げる昴もあるわけですが。
 
赤い洗面器の話って聞いた事あるんだけど?
 子どもたちを寝かせるべく、枕元で語り始める母親。
 ある晴れた日の午後、道を歩いていると、向こうから赤い洗面器を頭の上に乗せた男が歩いてきます。洗面器にはたっぷりの水が入っていて、男はそれをこぼさないように、ゆっくり、ゆっくりと歩いてきます…。
 この話を知っている方、この話にぴんと来た方はなかなかのマニア。実はこの「赤い洗面器」の話、あの古畑任三郎で使われたネタなのです。もっと知りたい方はぜひ「古畑 赤い洗面器」で検索をしてみてください。(ちなみにオチは「あかせん(=明かせない)」と言われています)
赤い自転車は誰のもの?
 本番の舞台は家の雰囲気を作るため、本当はいろいろな飾りをする予定でした。洗濯物を干そうか、ビールケースを積もうか、使わないけど飾っておくいろんなネタを仕込むはずだったんですが…。当日になってそんな計画はすっかり忘れ、気がつくと女優宮島が乗ってきた赤い自転車だけが劇場に到着となりました。「まぁ、ないよりはいいだろう」と置いてみたのですけど…すいぶんと謎になってしまった感じですね。
 ちなみに本編では一応妹のものということになっています。
 
「これって私の事?」配役にモデルはいるの?
 今回の台本は家族がテーマだったおかげか、非常にそれぞれの役を身近なものとして感じられたようです。「私のことかしら?」と言う声は多く聞かれ、父、おばあちゃん、妹に対して同様の意見が聞かれました。
 ちなみにどの役にもモデルはいません。あえて言うのであれば、今回の台本は「宛て書き」といわれる手法で作られていまして、それぞれの役者にあった役をイメージして作っております。ひょっとしたら妹役の宮島さんにはああいうところがあるのかもしれません(苦笑
 
父親の靴下の穴は?(土曜のみ)
 情けない柄のネクタイに、情けない8・2分けの前髪、見るからにダメダメなお父さんですが、土曜日のお父さんにはさらに「親指のところに穴があいた靴下」という演出が施されていました。…え、もちろんわざとですよ。そんな気がつかなかったなんてことあるわけないじゃないですか(冷汗
 ちなみに日曜日はちゃんと穴のあいていない靴下を履いていたのですけど。
 
父親のネクタイは自分のもの?
 あのですね、声を大にして言いたいんですけど、ボクの趣味はあんなに悪くありません!(苦笑 あのネクタイは衣装を担当していた宮島さんが某古着屋で発見してきた逸品であります。ちなみにお値段は100円。まぁ、笑いがとれたから良かったとしておきましょう。
 
以前行った「Lion Heart」の台本が欲しいのですが。
 な、なんてうれしいお話なんでしょう!ちなみに毎回公演の際には受付にて過去の上演台本もお求めになることができるようになっております。あいにく売切れてしまった作品もあるのですが、基本的には在庫抱えまくり(苦笑 ぜひ、受付で一声おかけください。また、こちらからメールにてご連絡いただければ手配をさせていただきます。
 
おじいちゃんの八つ墓村の衣装(白装束)はどうやって手に入れたんですか?
 停電の中、居間に揃って話をする家族たち。そこに差し込む光と共に登場するおじいちゃん。全身を映画 八つ墓村ルックで固め、「たたりじゃ〜」と客席に乱入してきます。
 この衣装、かなり探すのに苦労をしています。何しろ正真正銘の「白装束」なのです。あちこちの古着屋を回っても見つからず、もちろん家にあるわけもなく、…苦労してたどり着いたのがネット店舗を持つ葬儀屋。何でもお遍路周りにもこの白装束を使用するらしいですよ。お値段は2,000円。高いのか安いのかさっぱり見当がつきません(笑
 
最初の長州小力は何者ですか?
 ああ、あれですか(苦笑
 彼の名前は成田健二。メジャーデビューを夢見るお笑い芸人です。…大嘘です。一応劇団CHAN'Tの「看板俳優」であります。今回は稽古に参加できる都合が付かなかったので役者ではなくスタッフとして参加しておりました。で、本番直前に「お前、ちょっとお客さんのこと笑わせて温めてきてよ」と言われ、見事な「芸」を疲労披露してくれました。
 その内、また公演の舞台上であの「芸」が見られる日が…くるのかなぁ(冷汗
 

お問合せ | サイトマップ | 著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー