劇団CHAN'T公式サイト CHAN'T_WEB お問合せ先 | サイトマップ   
プロフィールアーカイブ入団案内掲示板リンク
 ホーム > 第11回公演「歯車泥棒」
 
2004.05.31
作、演出、公演日時等 第11回公演「歯車泥棒」
オープニングメールする2人ベンゴシ登場裁判女の決断
 第11回公演「歯車泥棒」は無事3回の公演を終了することができました。多数のご来場誠にありがとうございました。こちらでは公演レポート等の掲載を予定しております。しばらくお待ちください。

公演ご挨拶
主宰・作者ごあいさつ
本番に配布したものを掲載しました。
 
本番日記
製作が描く舞台裏「ほんばんにっき」
あっという間に過ぎ去った本番の1日を
舞台監督が描く舞台裏「ほんばんにっき」
あっという間に過ぎ去った本番を角度を変えて
主演女優が描く酒宴「うちあげにっき」
ってか何だこれ?
 
裏方のひとりごと・バックナンバー
緊急! 公演特別企画「裏方のひとりごと」
(毎日更新・日替わり日記帳)

まさかあったとは…当時のパンフレット
ちなみに見つけたのは2013年(苦笑

 女(宮島麻衣)は、ごく普通の毎日を送っていた。送っていたはずだった。しかし、ある日彼女の元へ奇妙なメールが届くようになる。「あなたの今をいただきに参ります」友人(松崎幸子)と相談したものの答えは見つからない。

 やがて、その女の元には奇妙な人間たちが集まりだす。ベンゴシ(成田健二)とケンジ(渥美香代子)は女が国家転覆罪であると言いはじめ、ガクシャ(国友裕一)はその原因が女の歯車にあると言う。

 そして、全てを飲み込めない女の前に現れる男。歯車泥棒(佐藤武)と名乗る男は女へ静かに語り始める。
DM用チラシ
 劇団旗揚げから10年。初の試みとして相田と佐藤の奇妙なコンビが生み出した作品は、あらゆる「平凡な毎日」に対する、1つの答えなのかもしれない。
 あなたに、見てもらいたい作品です。

 

お問合せ | サイトマップ | 著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー