楽々家計簿 Ver 2.31 概説(2000/03/06 Chariot)
はじめに
「楽々家計簿」はフリーウエアです.同梱してあるソースの改変・再配布等も自由に行って頂いて構いませんが,メールでご一報ください.商用の場合は許諾が必要です.
著作権は Chariot(doi@sannet.ne.jp, MHE00547@niftyserve.or.jp) にあります.
動作環境は,Windows 95/98 です.
Windows2000 でも問題なく動作します.ただし,1024*768 以上の解像度ではフォントのベースラインが変更されたために,漢字がやや下に表示されます.
解像度,Windows のフォントサイズ,プリンタなどに対する制限はありません.

「必要最小限の機能で使い易く」という家内の要望がそのままコンセプトになっています.従って,複式簿記方式ではありません.使い易いようにほとんどの操作がキーオペレーションでもマウスオペレーションでも可能にしてあります.

また,「婦人之友社の家計簿」で提唱されている「予算生活の重要性」をコンセプトとして取り入れています.

インストールが簡単になりました.下記の「インストール」についてをご一読ください.
尚,解凍には Windows の System ディレクトリに Unlha32.dll が必要です.
Unlha32.dll は Nifty の FWINNT LIB 11,もしくは www.csdinc.co.jp/archiver/ から最新版を入手出来ます.
インストールについて
(1) 初めてご使用になる方へ
ダウンロードした rk231.exe を実行してください.
解凍先を問う画面が現れます.デフォルトは「楽々家計簿」です.rk231.exe が置かれているフォルダ内に「楽々家計簿」というフォルダを自動で作って,そこに全てのファイルを解凍します.解凍先は任意ですので,別のフォルダを指定しても構いません.

解凍終了後,ショートカットを作成するかどうかを問う画面が現れます(注1).「実行」をクリックしてください.デスクトップとスタートメニューに「楽々家計簿」というフォルダを作り,その中に8つのショートカットと説明書.txtを納めます.ショートカットが必要ない場合は該当のチェック欄をクリックして外してください.
尚,「アプリケーション名」とは,ショートカットを納めるフォルダの名称です.これも任意です.

以上でインストールが終了しました.
スタートメニューにショートカットを追加した場合,タスクバーの「スタート」→「プログラム」→「楽々家計簿」→「家計簿」で直ちにご使用になれます.
また,デスクトップにショートカットを作った場合は,フォルダ「楽々家計簿」を開いて「家計簿」等をダブルクリックしてください.直ちにご使用になれます.

「説明書.txt」がマニュアルですので,メモ帳・エディタ等でご一読ください.

(注1)Windows2000 ではこのプログラムは動作しません.ショートカットはご自分でお作りください.
(2) 既に使われている方へ
ダウンロードした rkexe231.lzh を適当なフォルダに解凍してください.
解凍後出て来た新しい実行形式ファイルを旧バージョンの実行形式ファイルが納められているフォルダの中に上書きコピーしてお使いください.
尚,Ver 2.30 から実行形式ファイルとデータファイルを同じフォルダに納めても動作するようになりました.

(3) アンインストールについて
実行形式ファイル・データファイル・ショートカットを納めたフォルダをフォルダごと削除してください.
機能について
(1) 費目(大項目),摘要(中項目),を一覧表の中から番号で選び金額を入力するだけの簡単操作です.
項目などについて「婦人之友社の家計簿」を参考にさせて頂きました.
(2) 定型入力ができます.
定型簿を予め作っておけば,毎月決まった日に自動で入力されます.給料の入力等に便利に使えます.
(3) 口座管理ができます.
家計簿入力を使って記帳した「口座への入金」・「口座からの出金」は口座帳に自動記録され,いつでも閲覧できます.
(4) 入金・出金ともに,現金と口座の2通りの扱いができます.
(5) 数式電卓が使えます.普通の電卓とは違い,(988+288)*1.05 等と入力する方式の電卓です.
(6) 月次集計・年次集計は,グラフ表示・数値表示・印刷・CSVファイル出力ができます.
また予算設定ができますので,予算対比も集計されます.
(7) 費目・摘要・予算・口座名・定型簿名は自由に設定できます.
(8) Windows の解像度,フォントサイズ,プリンタ,用紙サイズ等は問いません.
配布ファイル
1.実行形式ファイル
(1) Kinput1p.exe --- 家計簿入力
(2) Getuji.exe --- 月次集計
(3) Nenji.exe --- 年次集計
(4) Kfinitp.exe --- ワークファイルの初期化
(5) SetHT.exe --- 費目名・摘要名・予算の設定・変更
(6) Tinput.exe --- 定型簿入力
(7) Setktp.exe --- 口座名・定型簿名設定・変更(Ver 1.40 で追加)
(8) KzInp.exe --- 口座帳の閲覧・手動記入
(9) Setup.exe --- ショートカットの自動作成プログラム(Windows2000 では動作しません)
2.データファイル
(1) K2000.1〜K2000.12 --- 日々のデータを記録するワークファイル
(2) KSum2000.dat --- 年間の各種合計を保持するワークファイル
(3) Kakeibo.dat --- 費目名・摘要名のデータファイル
(4) Kouza.dat --- 口座名のデータファイル
(5) Yosan.dat --- 予算額のデータファイル
(6) Teikei.dat --- 定型簿名のデータファイル
(7) 給料.dat 等 --- Teikei.dat に記述された定型簿名に対応する
           定型簿ワークファイル
(8) 住友銀行.dat 等 --- Kouza.dat に記述された口座名に対応する
              口座帳ワークファイル
3.ソースファイル
 「楽々家計簿」関係の全ソースファイル(*.dpr, *.dfm, *.pas, *.dof, *.res)
初歩的なプログラムですが,何かの参考になればと思い公開しました.
変更履歴
Ver 2.31 での主な改善点は以下の通りです.

(0) 2000年問題に関する不具合を修正しました.
(1) 予算に0円とマイナスの金額が設定できるように修正しました.

Ver 2.30 での主な改善点は以下の通りです.

(0) インストール方法を簡便化.ショートカットを自動作成するセットアッププログラムを添付.
(1) データファイルと実行形式ファイルを同じフォルダ(名前は任意)に置いても動作するように改善.
  但し,従来の \Kakeibo2 に置く方法でも構いません.
(2) 640*480 以上の解像度に対応
(3) ESC キーによってもプログラムが終了するように改善
(4) 「月次集計」において
  1. 摘要別グラフ表示において,カーソル上下キーによって費目変更が出来るように修正
  2. 初期画面において,Enter キーの代わりとして TAB キーも使えるように修正
(5) 「年次集計」において
  1. 摘要別グラフ表示と月別グラフ表示において,カーソル上下キーによって費目変更,
   カーソル左右キーによって摘要変更が出来るように修正
  2. 初期画面において,Enter キーの代わりとして TAB キーも使えるように修正
(6) 「初期化」において
  1. Enter キーの代わりとして TAB キーも使えるように修正
(7) 「家計簿入力」において
  1. F12をクリックした時,表示が左にずれるバグを修正
(8) 「定型簿入力」において
  1. 費目表・摘要表・FnKey表示のマウスクリックに対応
  2. 月変更入力欄の位置を修正(解像度 800*600 以下)
(9) 「口座簿入力」において
  1. 摘要表・FnKey表示のマウスクリックに対応
  2. 解像度が 800*600 の時,口座帳を14行表示に修正
  3. Shift+F1 を押した後 FnKey表示が戻らないバグを修正

Ver 2.00 での修正点は以下の通りです.

(1) 800*600 以上の解像度に対応
(2) 2000年に対応
(3) 「費目名・摘要名設定」において,予算差額を表示するように修正
(4) 「月次集計」において
  1. 全項目のCSVファイル出力機能を追加
  2. 差引額(予算残額)一覧グラフの機能を追加
  3. 画面表示において差引額と純生活費計を表示するように修正
  4. 印刷において,最初の一覧表に予算との差引額を印刷するように修正
  5. 印刷において「残額」を「差引」に変更
  6. 収入の部の合計欄が「出金計」になっていたのを「入金計」に修正
  7. 条件によっては用紙の下2行が切れるバグを修正
(5) 「年次集計」において
  1. 摘要数が11を越えた時,自動判別して半期切り替えで表示するように修正
   (摘要数が11以下の時はいままで通りの表示)
  2. 印刷において,最初の一覧表に予算との差引額を印刷するように修正
  3. 印刷において「残額」を「差引」に変更
  4. 収入の部の合計欄が「出金計」になっていたのを「入金計」に修正
  5. 条件によっては用紙の下2行が切れるバグを修正
  6. 「月別印刷」において用紙をダイアログで選択するように修正
(6) 「家計簿入力」において
  1. 副食費の日割り予算に対応
   (出納帳に「副食費繰越,本日の予算,本日の副食費」を表示)
  2. 日にちが変わったら「口座」を「現金」に戻すように修正
  3. 数式電卓のバグを修正
(7) 「定型入力」において
  1. 定型名と口座名のリストボックスをクリックしただけで選択出来るように修正
(8) その他

Ver 1.74 での修正点は次の1点です.

(1) 「家計簿入力」と「口座帳の閲覧・手動記帳」において,口座名のリストボックスから口座をクリックしただけで選択出来るように修正

Ver 1.73 での修正点は次の1点です.

(1) 家計簿入力(Kinput1p.exe)を起動した時,12月だけ定型簿入力が繰り返し実行されるというバグを修正

Ver 1.72 での修正点は以下の通りです.

(1) 「月次集計」「年次集計」にグラフ機能を追加
   年間費目別グラフ・年間摘要別グラフ・月別費目推移グラフ・月別摘要推移グラフ
   等が表示できます.
(2) 「家計簿入力」から,「月次集計」「年次集計」を起動出来る機能を追加
(3) 「印刷」ボタンを押した時にダイアログを表示するように修正
(4) 年次集計の表示位置を修正
(5) 口座帳ファイルを初期化していない場合でも,「家計簿入力」等のプログラムが使えるように修正
(6) その他

Ver 1.61 での修正点は以下の通りです.

(1) 入金についても口座と現金の2通りの扱いが出来るように修正
(2) 口座管理の機能(家計簿と口座帳の連動)を追加
(3) 年次集計の「月別印刷」においてA4用紙にも出力出来るように修正
(4) 初期化プログラムに,定型簿・口座帳の初期化が出来る機能を追加
(5) 費目が24個以上あった場合,印刷の終了が正常に行われないというバグを修正
(6) 「小さいフォント」を選択した時の画面表示を更に改善しました.

Ver 1.45 での修正点は次の2点です.

(1) Win95 の「コンパネ」「画面」「詳細」で設定できるフォントサイズを,小さいフォント・大きいフォント・カスタムフォント(150%) などに変更しても,画面表示が同じになるように修正
(2) 「小さいフォント」を選択した時の画面表示を更に改善しました.

Ver 1.43 での修正点は次の2点です.

(1) 前年から引き続き使用している場合,自動定型簿入力が1月だけ機能しないバグを修正(Kinput1p.exe)
(2) バージョンを表示するように修正

Ver 1.42 での修正点は次の1点です.

(1) 金額欄にマイナスの金額も入力できるように修正(Kinput1p.exe)

Ver 1.41 での修正点は次の1点です.

(1) 「年」をまたがった記帳が出来るように修正
例えば,1997年1月1日に,前年1996年12月31日のデータを入力しようとすると,合計(現在額等)が間違って表示されるというバグがありました.この修正です.ただし,これは「家計簿入力」Kinput1p.exe だけの問題ですので,月次集計等他の実行形式ファイルは以前のものがお使い頂けます.

Ver 1.40 での修正点は以下の3点です.

(1) メモリ関係のバグを取り除きました.
(2) 月次集計・年次集計において,A4版に印刷したとき1ページ目しか出力されないというバグを修正
(3) 口座名・定型簿名の設定・変更プログラム(SetKTp.exe)を追加