トップページへ
癌闘病記トップへ


【編集後記】

がん消滅を奇跡と表現しましたが、奇跡でなく
誰でも望めば手にすることのできる日常的なあ
てたりまえの結果であると信じたい。

私達にとって幸いしたのは最初の主治医が比較
的柔軟な感性をもった先生であったことだと感
謝しております。
転院先の主治医は前の先生の先輩で前の先生と
もよく連絡をとっていたようで、いろいろ配慮
いただき感謝しております。
 
関係者にたいして、もし無礼な記述がありまし
たらご容赦くださいませ。

【体験から学んだこと。】
☆人間は自分に奇跡など起きない理由を探して
安心する。
☆試しもしないでできない理由を決め付けて人
は安心する。体質にたまたま合ったのでしょう。
体質に合うか合わないかなんて試してみなけれ
ば誰も解らない。

あなた達は特別
特別か特別でないかなんて試して見なければ誰
にも解らない。

答え
人間という動物はプラス思考をするより、マイ
ナス思考するほうが安心するらしい。癌と闘う
には徹底したプラス思考できることが核心であ
る。

私達にとつて現代医学で100%安心できる現況で
なかった、民間の方法も100%ダメという答えも
見つからなかった。だから私達は両方を選んだ。

奇跡は起きるのを待つものでなく、起きる様に
チャレンジすること。


トップページへ
癌闘病記トップへ