第U期
腹部に癌発症

トップページヘ
癌闘病記トップへ
【妻への告知】
教訓 
便秘を簡単に考えてはならない。



2001年ごろから便秘ぎみになりました、その時
は女性は便秘ぎみが多いからとそれほど、気に
かけていませんでした。乳癌以来 年に一二度
は検査を受けていましたが、2001年4月ごろ腹部
エコー検査の結果、卵巣に腫瘍があるらしいと
判りMRIの検査を受け、確認されました。でもそ
の時点では悪いものかどうかは判らないとの主
治医の返答でしたが、私達はいい方へいい方へ
と考えようとしていましたので、主治医の微妙
な言い回しに気が付きながら、それほど深刻に
考えないで、とりあえず摘出手術をお願いしま
した。

手術当日、簡単に腹部の腫れ物を取るつもりで
手術に臨みましたが、開腹した結果悪性の癌で
あることが判明して、私は地獄のどん底に落と
された思いで、どうこの事実を受け止めたらよ
いのか分かりませんでした。
この時は卵巣癌で余命1年と宣告され、しかも最
悪の肉腫である可能性もあると告げられました
。正確な癌タイプの判断は病理検査後にでると
告げられました。
        〔卵巣と子宮の摘出〕
【妻への告知】
私は本人へのガン告知は絶対必要なものと考え
ていました、隠していては適切な治療を受けさ
せることができないからです。
まず楽観的ないいまわしはさけました。最初は
病理検査が確定しないとハッキリしないけどい
いものではないらしいと話しをしました。病理
検査の結果を話すまでの期間をかなりとりまし
た。その後良性ではなかったらしいと話をして
丸山ワクチンの話が出る前ごろにガンであるこ
とを告げました。
本人は自分にとって都合の悪いことは耳に入ら
なかったそうです。だから本人が自覚するのに
はかなり時間がかかりました。
先生も気を使っていただき本人の前ではガンの
話しはしませんでした。本人も薄々は分ってい
ると考えショックに免疫をあたえるように時間
をかけましたが残された時間は少ないので心を
鬼にしてハッキリと告知し家族一丸になって闘
うぞと余命以外のことはウソのないようできる
だけ今の状況を話しました。
 教訓 便秘を簡単に考えてはならない。

年に一度はCTを取っていましたがあてにはなら
ない。便秘、腰痛、ガスが溜まる感じには注意。
乳癌経験者は婦人科系及び頭、背骨、骨盤のが
んを注意しなければならないという考えかたを
頭の隅においておくことが大切である。あやし
いと判った時には8センチ代の大きさになってい
ました。外見的変化、触感的変化はなし。

腰痛。 腰痛の位置は通常腰の脊髄を挟んだ両
筋肉の痛みが中心ですが妻の場合、その位置よ
り下部の骨盤の位置でした。今だから、わかる
のは癌のあった部位と一致しています。骨盤に
不快感を感じている人は要注意です。単なる腰
痛と軽く考えないでください。

この時期に話は前後しますが肉腫の可能性を考
えて千葉の重粒子放射線での治療を考えて病院
の場所等調べたり電話したりで下準備していま
したが、最終的な診断結果によりこの治療法は
断念しなければなりませんでした。
この治療法は治験ですが副作用は少ないようで
生存率も良いようです。

次第V期 
丸山ワクチンの選択へ



トップページヘ
癌闘病記トップへ