第V期 
丸山ワクチンの選択

トップページへ
癌闘病記トップへ


病理検査の結果腹膜癌であることが判明、卵巣
は正常であったと判りました。術後をどうする
かと主治医と話し合い、私達は丸山ワクチンを
望みました、もちろん先生は抗癌剤での治療を
薦めましたが、当時の私の認識では抗癌剤の副
作用の心配と余命を苦しいことにはしたくない
と、浅はかな思いで代替療法を懇願いたしまし
た。

もうひとつの理由に たまたま同室の患者の中
に丸山ワクチンを長年使用していて助かってい
る人がいたことです。その人は二十歳代に☆癌
、☆☆☆癌、☆☆癌、☆癌を発症しながら子供
☆人を育て今現在にいたっている事と、そのお
母さんも☆癌を発症して80歳代に天命を受ける
まで元気だったことの実体験を聞いて私達も丸
山ワクチンに望みを託したのです。
しかし私達には丸山ワクチンはききませんでし
た。約半年で再燃、6センチぐらいの大きさの腫
瘍に成長してしまいました。
さらに入院時には8センチ以上に成長していまし
た。

私達は丸山ワクチンを否定するものではありま
せん、たまたま妻の癌にはあわなかっただけと
考えています。もしかしてワクチンをしていた
から半年間延命したのかもしれない。それにこ
のワンクッションが次の治療の展開のキツカケ
になったことは事実です。何でもプラス思考で
いきましょう。

ワクチン接種には先生、看護士、病院には大変
お世話になりました。
時間外でもご配慮いただき感謝しております。

次第W期
転院 そして神様はいるのかな!へ


トップページへ
癌闘病記トップへ