第W期 
転院 そして神様はいるのかな!

トップページへ
癌闘病記のページへ


主治医の適切な判断により。癌専門病院に転院
を薦められ、転院をすることにいたしました。
先生には私達の素人の判断のわがままをきいて
いただき感謝しております。ありがたいことで
す。
転院先の癌専門病院はびっくりするほど混んで
いて、入院まち一ヶ月とその間、気がきではあ
りませんでした。
その間なにもしないで待つわけにはいかないの
で自分達でできることをしていこうと考えて、
癌によいといわれている健康食品をためしてみ
ることにしました。転院するまでは残りの丸山
ワクチンも入院前日まで先生にお願いして続け
ました。

〔今考えるにこの入院まち一ヶ月が妻の運命を
分けたように思います〕

転院まち一ヶ月前からアガリクス30グラム、メ
シマコブ15グラムを煎じて毎日飲ませました。
入院は年末の26日でその4〜5日前から水様の分
泌物と血液がでてくるようになり、あわてて病
院に診察にいきましたが血液の量がかなり多く
なったら病院にご相談くださいということで、
また入院まち。

【後日談】
前主治医の話ではすでに子宮も摘出していてそ
こはシッカリ縫合しているのでそんなところか
ら出血するはずがないと言っていました。素人
なりに考えるとそこまでがん化していて偶然に
もそこから崩れ始めて体外へ排出されたのだと
思います。この現象は医学的にも考えられない
現象だったようです。私達には幸いでした。

ベットが空きましたので明日入院してください
と電話がありました、そして26日に入院しまし
たが検査技師が正月休みでいないので対応でき
ない、危険をおかしてまで抗がん剤を使わない
ほうがいいという主冶医の判断で抗がん剤治療
は正月連休あけからはじまりました。
その間もその後も大量の水様分泌物は続いてい
ましたが抗癌剤注射後10日後ぐらいでおさま
りはじめました。
この時は内心は大変でした、とうとうガンが破
裂して散ってしまったかと。
この時点では妻の命も時間の問題と思っていま
した。
昔から霊芝がよいと聞いていたので 正月あけ
ころから霊芝を10グラム加えて飲ませるように
しました。霊芝は国産山採りしたものを調達し
ました。
シイタケもこのころより加えました。シイタケ
は意外にランクが上に位置していますので安い
割にはいいと思います。シイタケは近くのスー
パーで中国産を調達。
(最近の知識で私は霊芝とサルノコシカケを混同
していたことがわかりました。私はコフキサル
ノコシカケを飲食させていました。2003/9)

2回目の抗がん剤治療が終わってから主治医から
の説明がありました。
あの時の水様分泌物の排出は薬が効いて癌細胞
が壊れて排出されたもので心配はないとの説明
でした。

ここで疑問、説明の矛盾があります。抗がん剤
治療始める前から水様分泌物の排出があったわ
けで、抗癌剤も当然きいていると思うけど、も
しかしてキノコ類もきいているのではと。

〔このとき先生は薬が効いてと話ましたが抗癌
剤が効いてとは一言も話しておりませんでした
。このことに心の中で[おや]となにかこころ
にひっかかりました〕

〔私はこの先生の説明矛盾のなかに暗闇のなか
に ほのかな光を見た思いでした〕

私はこの体験から癌情報にアンテナを張り、も
っと効果の期待できる薬草がないかと探し始め
て、ペルー産のキヤッツクロウがより効果的と
知りこれも配合に加えました。
キヤッツクロウを加えはじめたころより腫瘍マ
ーカがぐんぐん下がりはじめました。
その後腫瘍マーカの数値は正常範囲の誤差の範
囲で推移しました。

 次第X期 
 MRIの検査へ   

トップページへ
癌闘病記トップヘ