第Y期 開腹手術〜術後〜退院 

トップページヘ
癌闘病記トップへ


6回目の抗癌剤の投与も終えて、手術の日になり
ました。
約4時間の手術後、先生が手術室からニコニコし
て出てきました。〔 卵巣1ヶ 盲腸 たいもう
ガン組織の残骸を摘出〕

先生: 腹の中は綺麗でした。取れるものは取り
ました、あとは運命しだいです。摘出部位の病
理検査をあとで知らせます
私: ありがとうございました。

《この日の説明の最後に先生と本音のやりとり
がありましたが、ホームページで公開するには
ふさわしくないと思い、書きませんが、私達の
方法が、けして 間違いでなかったという確信
をもちました》

退院の前日先生から病理検査の結果癌細胞の死
骸もないし、がんといわれる種類の細胞は一つ
も見つかりませんでした、おめでとう。
と言葉がありました。この時神様は私達を見捨
てなかったとつくづく思いました。
私達はがん細胞消滅という奇跡を手にしました。
    
〔あらゆる出来事はこの日を迎えるためにあった
と思います。     



トップページへ
癌闘病記トップへ