3年で学年トップになる方法・成績を簡単に上げる方法
(1)試験の1週間前までに試験勉強を終えておくこと。
   通常試験の1週間前あたりから先生はまとめに入ります、その中に試験に出てくるポイントが入っています。
   試験の1週間前までに予習・復習を終えているので自分の分からない事が、だいたい見えてくるので、
   先生の説明が素直に理解できるようになるものです。

   試験の1週間前からは良く眠り、頭を休めて、試験の日に体調を合わせること。

(2)わからない事・覚えなければならないことを3っのノートに分類すること。
   (1のノート)ここには、ほぼ分かっていること、重要ポイントにはならないと思えることを書くこと。
   (2のノート)ここには1のノートより重要で、少し勉強すれば覚えられる、理解できそうなことを書くこと。
   (3のノート)ここには出題確率が高いと思えるもの、理解しにくいもの、覚えずらいものを書くこと。

(3)3のノートのうち3を重点的に勉強して2はほとぼとに勉強して1は軽く読むだけでよい。
   試験の直前には3のノートだけを読みかえせばよい。

(4)まず、自分が得意とする1教科のみを100点とることに全力を傾けること、もし厳しいのならこの1教科以外
  はひとまずあきらめて、これに全力をかけて100点の目標を達成すること。

  最初は1点突破でよし。

  人間一つでよいから満点をとる経験をすること一つも取れないのに他の成績を上げようとしても無駄だから。
  人間は一つ100点を取ると脳内モルヒネが大量に分泌されて、黙っていても他の科目も100点を
  とりたくなるものでこれは人間の脳の自然な働きです。
  このやる気ホルモンは3年間有効です。
  一科目で満点を取れれば道は大きく開かれます。

(5)勉強の仕方で大切なのは書くこと、大きい声を出して読み上げながら暗記すること。
  勉強で自信がつけば応用力は、それについてきますから、まず得意科目から目標を達成してください。
  勉強に自信がつくといろいろなものに興味がもてるようになり興味のあるものは自然に知識として
  黙っていても身につきます。

(6)予習・復習をする習慣をつけると、自分の分からない所が明確になってきますから、わからないことは、
  積極的に先生に質問をすること、先生は質問する子供をもっと伸びるように可愛がるものです。
  質問できないのは、なにを質問していいのか、わからないから、わからないところをわかるように
  予習・復習をしましょう。


受験合格、成績アップの極意
 自分のわからないことを見付ける事、 どこが苦手か、わからないのか解れば対策も立てられる。

なんで勉強しなければならないのか?・・・知は力なり

人間は生まれてくるところ(環境・境遇・親)を選べません、しかし、どんな人生を送るかは選べます。
どんな生き方をするかを選ぶときに、広い基礎知識がなければ何を選ぶのかさえ、わからないのです、
本当にしたいことが分かったとき、そのしたいことをする為には最低限必要な基礎学力を学校では
学ぶのです。そのときには必要と思われない知識でも、必要とする人生になるかもしれないから、今
学ぶのです、将来の自分のために学ぶのです。

人間長く生きてきて思うのです、何が幸いするのか、ほんとうにわからない、あの時の最悪の時期の
 経験が今の生きる糧になるにんて、その時には考えもしなかったと、人間万事塞翁が馬です。

大人は大人になってから後悔するのです、あの時にもっと勉強しておけばよかったと。
だから親は子供に勉強しなさいと言うのです、子供には大人になってから後悔させたくないから。
ても親は子供に勉強しなさいと言ってはならない、下記の子育てができていれば言う必要がなくなるから。
勉強しなさいと言われて勉強がしたくなるとは思えない、通常はその逆ですよね、大人なら経験からご理解
できますよね。
子育て 
(1)子供がダダをこねたら無視すること   泣いても無駄ということを叩き込め
(2)子供は失敗させろ   失敗から学ぶもの
(3)子供はちゃんづけして呼ばない 子供なりに一人前に扱え
(4)子供にはそろばんを習わせろ  級があるので達成感を味わえるのと暗算能力は脳を発達させる。
(5)子供には壁逆立ちさせろ  腕の筋力をつけると怪我をしないこになる、運動能力の向上=脳能力の向上
     4歳児で逆立ち歩きができるようになる、何かができるようになると自信のもてる子供に育つ
(6)子供扱いは2歳まで3歳からは一人の人間として接する  子供なりに一人前に扱え
(7)子育ての目的とは 自立させること。 いずれ親はいなくなる。
(8)約束を守らせるために作ったルールは守れ  オモチャで遊んだら片付けると約束させたら、守らないときは
    それなりの罰があるということを叩き込め
(9)子供は褒めるな、褒めるのではなく心の中で認めよ。 正当な評価をすればいい。
       正当に100点なのか95点なのか評価すればいいので褒めるのは違う。
(10)英語は早いほうがいい、英語のアニメを購入して家庭では見せろ、日本語のアニメは見せない。
       そもそも国策で出来るのに頭の悪い政治家は、なにも考えていない。子供の脳には国境はない。
(11)子供をプールに一人で通わせよ。お迎えのバスに乗せればいい、親はついてゆくな。
         運動能力=脳能力=自立
(12)家庭は音楽のある家にせよ  音感のよい子供は得するしストレスにも強くなる
(13)字を教えるときに あ から教えるな 簡単な 文字 例えば し から教えよ。
    字が読めるようになれば好奇心に応じて本を与えよ 4歳児が小学3.4年生の国語を読めるようになる
(14)子供は親の背中をみて育つ、子供に恥ずかしくない生き方を親はすべし。
(15)親のひいたレールに乗せようとするな、人生を選ぶのは子供の権利だ。
  幸せな人生とは好きなことで生きてゆけるのならそれが最高の人生だと思うが親が強要することではない。
(16)世間体で物事の判断をしてはならない、アドバイスはいいが決めるのは子供の権利、
  その結果は子供が負うものであることを教えればいい。
(17)子供の才能を親がみつけて伸ばすことができれば最高と思うができるのは一握りの親子だけ、
  でも親とはうちの子は天才と思いたいものらしい

親になる前に犬を育てろ

犬のしつけができる人は子育てもうまいと思います。
口の聞けない言葉も通じない犬をうまくコントロールするコツは人間にも応用できると思う。

りこうな犬の飼い主さんの子供でダメな子供を見たことがない 偏見かな? 無理矢理かな?(笑)
社会に出て必要なものは2つ
 解決力 と 創造力   学歴の威光は2〜3年で関係なくなる。

社会に出る前に失敗の実験が大切・・・色々なものに挑戦し経験し実験することが許されるのは学生のうち

多数の人々の中で自分のポジションを見極めること、自分の強みとは何かを考えて、自分の強みに合った
選択をすること。

社会で活躍するのには数学を学べ、英語ではない、なぜなら英語圏の人間は英語の勉強なのに力を入れない
英語では対等に勝てない、数学的論理 組み立て 創造力が大事で、それを分かりやすく説明できる国語力
が必要な学識だ。

がん闘病記 男の更年期   トップHome   更天通販総合案内  リンク   いやし集(1)