5年算数
「割合」の学習
    

割合の学習で気になる点
   @ 「もとにする量」と「くらべる量」の区別がつきにくい。
   A 公式でおぼえようとすると、3種類でてきて、こんがらがってしまう。
   B 基本的なことが分かっていないと、線分図が書けない。

ここでは、下のような関係図を書くことを中心にして、学習を進めていきます。関係図だけで問題がとけないときに、初めて線分図を使うようにしました。 


もとにする量
 ( 割合 )倍
──────→

 くらべる量


 

※ 今「割合」を学校で学習している人はもちろんのこと、以前に「割合」を学習した人も、ぜひここで学習してください。とくに、「割合」がよく分からなかった人には、とても効果があると思います。

スタート

参考図書]  改訂算数五年下      啓林館
         指導書 改訂算数五年下 啓林館

HOMEへ