苗場山登山

(平成16年10月2〜3日)

起点「和田小屋」、実はここまでの30分が大変でした 中ノ芝の少し上部にて。下のダム湖がきれいです。
神楽ヶ峰から苗場山頂への道。夏ならお花畑のあたりです。 これじゃあ紅葉しようにも葉がない!
大きな石がゴロゴロ。子どもには歩きにくい。 何杯もお代わりした雷清水。冷たーい
1時間前に到着したみなさんは既にこの状態 何とひと桁から50代までの全世代が揃っています。
夕食は定番のカレー。子どもには辛かったようです。 ランプを点けてトランプ。ヘッドライトでした。
山小屋「遊仙閣」の主高波さん。ランプが灯ります。 ランプの下でも宴会は続く。
真の山頂は小屋の裏にあります。揃いの雨具は学生さん。 この人がホンマ先生。ホンマに先生?
晴れてれば広大な湿原が広がってたはずなのに・・・ 神楽ヶ峰山頂付近の難所。股スリ岩を通過。
そぼ降る雨にも鮮やかなゴゼンタチバナの実 今回の収穫はこの程度。比較的きれいな山でした。
山の話へ←山の話へ ホームへ←ホームへ