鳥海山登山

(平成17年7月30〜31日)

滝の小屋。駐車場からは20分くらいでした 沢沿いに咲くミヤマキンポウゲ これはカラマツソウだと思います
ミヤマハンノキの花がしっぽのように下がってました ハクサンオオバコ。地味ですが、れっきとした高山植物です。 ハクサンシャジン。細身の花もありました
トウゲブキ トウゲブキとイワテトウキのお花畑を登りました クルマユリ
今日の宿、河原宿小屋。定員30人。48人泊めたことも 宿の夕食。思ったよりリッチでした。ご飯は大盛り。 早朝の鳥海山。あの雪渓を登ります
広介の童話の青鬼のような風貌の人が山小屋のご主人です 大雪渓に向かいます 朝露の中のチングルマ
大雪渓の取っつきから鳥海山を望む 泊まった河原宿小屋が見えます ピンクの花はヨツバシオガマ
マルバシモツケの花にはハチが訪れていました 今年はコバイケイソウの当たり年のようです ハクサンシャクナゲ
外輪山から新山を眺めています。山頂小屋が見えます 大雪渓と違って、千蛇谷雪渓には雪がありません。Why? チョウカイアザミだと思います
外輪山から新山へはガラッと変わって岩場。長男がビビリました 岩場にも可憐な花。ダイモンジソウです。 大物忌神社にて。お守りを仕入れました
おばちゃんに煽られながら登ります。長男半べそ 新山山頂にて。超狭くて危ない 新山側から外輪山の最高峰、七高山を眺める
チョウカイフスマ。岩場で見られる 七高山山頂でお昼。遮る物なく暑い サワギキョウ。岩場に生える
東北特有のイワブクロ。 山頂小屋=大物忌神社の全容 ミヤマリンドウ。飯豊と逆で花びらが反り返っている
ウサギギク 外輪山とお別れ。ここから大雪渓に下ります。 ヒナザクラ。雪の多いせいか、花の色は白
ベニバナイチゴ。実はまさにラズベリー 雪渓の下敷きになっていた樹が白骨のよう 上の瓦礫地帯ではべそをかいていた長男
夏の鳥海山はやっぱり花がすばらしかった。
長男は久々の高山にちょっとバテ気味だった
けど、よく付いてきたな。
宮沢さん、遠藤さん、ご一緒いただいて
大変ありがとうございました。

山の話のページに戻る

再びトウゲブキとイワテトウキの花畑を行く 森林限界が低い。あともう一下り。
山の話へ←山の話へ ホームへ←ホームへ