| ホーム | みんなの自然観察 | 出会いを創ろう会 | おたっしゃ倶楽部 | 好き!農業 | 日々雑感 | BBS | メール |
山の話
 ふ〜じ〜のネイチャー&アグリのページ   
 自然と農業を愛するページです

みんなの自然観察へ
 平成17年のアウトドア
 平成16年のアウトドア
 平成15年のアウトドア
 平成14年のアウトドア
 平成13年のアウトドア
 平成12年のアウトドア
 もっと気軽にアウトドア
 松代・田んぼの生き物
 地球温暖化について
山の話へ
 2006.6.24〜25巻機山 new!
 2005.7.30〜31鳥海山
 2004.10.2〜3苗場山
 2002年お山の写真
リンク・アラカルト
vol.1 ネイチャー&アウトドア編
vol.2 よだれの垂れる食材編
vol.3 お友達&ネットショップ編
日々雑感@niftyのココログです)
BBS
ふ〜じ〜の生き物大好き
 清掃(ゴミ拾い)下山のススメ
 今回のゴミ拾いとイエローカード 平成17年7月30〜31日
 山形県と秋田県の県境にある鳥海山に登ってきました。鳥海山はこれまでも何度か登ったことがありますが、今回は山形県八幡町から入って、大雪渓を登る初めてのコースです。滝の小屋から入って河原宿小屋に泊まり、大雪渓を登って山頂に至りました。
 さて、無事に下山してくると大雪渓の取っつきに2グループがロープをまたいで草地の上で寝ころんでいました。わざわざロープが張ってあるというのに、またいで入るときに何のために張ってあるロープか考えないんでしょうか? 子どもでもわかるのに大変恥ずかしい話です。
 河原宿小屋の親父さんに言うと、入るのは決まって地元の登山者で、何度言っても言うことを聞かないんだと言っておられました。恥ずかしいと思わないの?地元。
 下山途中で集めたゴミはごらんの通り(写真左下)。飴の包み紙が相変わらず多いですね。
 前回のゴミ拾い 平成16年10月2〜3日
 久々このページの更新です。平成16年10月2〜3日、上信越国境の苗場山に登ってきました。→写真はこちら
 職場関係や学生さんなど計11人で登ったのですが、私の場合、小学生の娘が一緒だったので登りは1時間ほど、下りは30分ほど他の人たちより遅れました。その時間を利用して下りで気の付いたゴミを拾ってみました(右の写真)。
 区間は神楽ヶ峰山頂から和田小屋までです。和田小屋周辺を除いて大きなゴミやティッシュはほとんど見かけず、比較的きれいな山でした。何故か昔の古いプルトップが落ちてるんですよねえ。娘も少し手伝ってくれました。
 前々回のイエローカード 平成14年9月21日
 平成14年9月21日、久々に磐梯山に登ってきました。磐梯河東ICからゴールドラインのてっぺん八方台へ。9時前でしたが既に駐車場は満車状態。ここから中ノ湯を経て山頂までは2時間のコースタイム。途中お花畑(花はない)、弘法清水を経て2時間半かかって山頂に到着しました。天気も上々で人出も多く、焼けてしまいました。
 登りやすい山でいろんなグループが入ってるせいか、マナーの悪さも幾分気になりました。
1 お花畑のロープ内に荷物をデポしていった集団。オレンジタオルを巻いたおじさんとロープの外に運び出しました。
2 おばさんが大声で注意してるのにロープをまたいで入っていったオヤジ。しかも注意をまるっきり無視。どうしてロープが張ってあるか理解できないオヤジは小学生より始末が悪い。
3 そしてゴミ。今回拾ったゴミは右の写真の通りです。
 清掃下山に参加しませんか?
 山を下りながら軽い気持ちでゴミ拾いをしようという運動(?)です。登りながら拾う方が地面に目が近くて見つけやすいのですが、あくまで軽い気持ちがモットーですから。今回の磐梯山も1日で200人くらい登ってるでしょうから、100人に1人くらい賛同して取り組んでくれるとニッポンの山も随分きれいになるかも・・。
 清掃下山の心得
 清掃下山に賛同される方は次の点に注意しましょう。
1 趣味の一つと思って気軽に、軽い気持ちで取り組みましょう。
2 趣味だから気分次第でやらなくても良いです。いつもやらなきゃなんて義務感は持たないように。拾うタイミングを失したり、拾いたくないゴミは拾わないこと。特にティッシュには衛生上の問題もあるので絶対手を出さないように。ね、均ちゃん。
3 趣味だから記録を取ると良いかも。写真を撮ったり、重さを量ったりとね。
 清掃下山の方法
 レジ袋一つで気軽に始められます。
1 腰のベルトやポーチのバンドにレジ袋の持ち手を通して準備OK。
2 軍手があればなおOK。
3 ホントは登りの時の方が目と地面が近くゴミを見つけやすいんですが、下りの場合は通り過ぎてから振り向いて取った方が取りやすいです。
4 大きなゴミは本格的な清掃登山に任せて、小さな飴の小袋や缶のプルトップなどを重点的に拾いましょう。
5 燃える・燃えないを分けた方が良いんだけど、二人以上の時はレジ袋を分担しましょう。1人の時は後で分別する方が楽です。
6 拾ったゴミは家庭ゴミなどと一緒に分別して処分してくださいね。
 清掃下山をやったらどうなる?
 ちょっといい気分になります。
1 少しは山がきれいになります。大勢でやればもっときれいになります。
2 ゴミを拾ってる自分がゴミを置いてくることはよもやありませんね。
3 自然保護や環境保全に少し興味が持てます。
4 ボクは山を愛してるんだなあ、というちょっといい気分になれます。
5 お父さんは是非お子さんと一緒にやってみてください。父の背中を見てもらえますよ。

 山のリンク

←元祖清掃登山
 

04/10/11更新
このページはIE6.0以降で表示できます。NNだとちゃんと表示されないようです。