| ホーム | みんなの自然観察 | 出会いを創ろう会 | おたっしゃ倶楽部 | 好き!農業 | 日々雑感 | BBS | メール |
平成16年の今月のアウトドア
 ふ〜じ〜のネイチャー&アグリのページ   
 自然と農業を愛するページです
みんなの自然観察へ
 平成17年のアウトドア
 平成16年のアウトドア
 平成15年のアウトドア
 平成14年のアウトドア
 平成13年のアウトドア
 平成12年のアウトドア
 もっと気軽にアウトドア
 松代・田んぼの生き物
 地球温暖化について
山の話へ
 2006.6.24〜25巻機山 new!
 2005.7.30〜31鳥海山
 2004.10.2〜3苗場山
 2002年お山の写真
リンク・アラカルト
vol.1 ネイチャー&アウトドア編
vol.2 よだれの垂れる食材編
vol.3 お友達&ネットショップ編
生き物歳時記
平成16年に気づいた初見など
ハクチョウ
 10月19日・加治川村の水田
ツクツクホウシ
 8月11日・黒川村
ヒグラシ
 7月18日・新津市
ニイニイゼミ
 6月24日・新発田市
日々雑感@niftyのココログです)
BBS
ふ〜じ〜の生き物大好き
 植物園のクリスマス  12月25日

イルミネーションで
飾られた夜景が
すごくきれい。
 新津市にある県立植物園では、毎年25日は植物園の貴重な夜の開館デーです。この日は1時間程度のコンサート付きでクリスマスの展示と雰囲気が楽しめますので、昨年に続いて出かけました。植物園友の会の方々もおられ、一般参観も含めてけっこう賑やかでした。コンサートの方は一番下が大声を出して注意を受けたため早々に退散しました。 
 ロッジで待つクリスマス  12月24〜25日

夏の名残の花火を
楽しみました。
手持ちを雪の上に
いっぱい刺して
遊んでます。
 新発田市の滝谷森林公園で、一昨年に続き、今年はいつも子どもたちがお世話になっている宮澤先輩をお招きし、2度目のロッジで待つクリスマスとなりました。
 前回は雪遊び道具をいろいろ携えてきたら全然雪がなかったため、下界は温暖だし、全く何も持ってこなかったら、今回はホワイトクリスマス状態でした。サンタクロースはロッジにはプレゼントを届けてくれなかったようです。
 
 ときプロ〜収穫祭  11月20〜21日

久知河内の田んぼ
 平成16年最後の活動です。1日目に生椿においてビオトープ作りを手伝った後、2日目は久知河内集落でトキ保護センター坂技師の講演、その後つきたての餅や打ち立てのそばはじめ地元食材を使った御馳走が振る舞われました。うまかったあ!
 現在トキの野生復帰前の馴化のための大型ゲージを建設中だそうです。
宮澤さんの写真
 菩提寺山の自然観察会  11月14日
 新津地域振興局主催の登山&観察会です。菩提寺山は地元の山として登り慣れていますが、今回初めて小須戸町からのルートを登りました。良く整備されており、大変登り良いルートでした。他にも新津、五泉からのルートで登った人たちもありました。
 山頂ではオカリナ演奏やプレゼントの抽選会もあって盛り上がりました。
 
 五頭スキー場跡里山復元作業  11月7日
 村杉の五頭スキー場跡地(阿賀野市)で今回はスキー場上部の植樹を中心に行いました。ご覧のとおりススキのようなものが一面にはびこっているところもあり、根が縦横に絡まってスコップが土まで到達するのに一苦労でした。また、前回敷いたマットが風でめくれたりしており、修復も行いました。
 うちの子ども達は今回全員がパス。子どもの参加は一人だけでした。
 新津市親林プログラム〜森のバーベQ  11月6日
 新津市の菩提寺山に子ども3人を連れ、今年最後の親林プロ参加です。中腹にある小屋まで登った後、持ち寄った材料を各人鉄板で焼いて昼食となりました。一番下の面倒を見ているうちに上の子たちが肉を焼きに行きました。私が行ってみると自分たちは食べていてあとは何もなし。何でお父さんの分を確保しておかないんだと散々怒られ、他の方から恵んでいただきましたが、実は最後に余ったと言って返ってきました。んー!? 
 どんぐり拾い  10月24日
 上川村の滝首湿原で五頭スキー場跡の植林に使うナラ類の種子や苗木の採取を行いました。林道上のどんぐりや林道脇の若苗を採取しました。復元する場所と異なる地域から苗木を導入するのは基本的に反対なのですが、ここに生えてるのはどうせ育たない苗だから、と言われると・・・。持ち出す種類のチェックもやってました。
 石油講演会  10月23日
No Picture  新津市で行われた石油に関する講演会に参加しました。講演の内容は難しかったです。
  生物標本・自然科学写真展示会  10月11日
 10月11〜17日まで長岡市立科学博物館で開催されました。私も中学時代に出展したことがあります。
 賞を取る作品は、やっぱり出来が違います。標本の出来とちゃんと研究テーマを持って追求しているかという点を見ているようです。一緒に行ったうちの子ども達はつまらなそうでした。
 Autumn Fair  10月11日
 長岡市の国営越後丘陵公園に立ち寄りました。公園の中央は広い芝生で、一角に低学年以下の子どもたちが喜びそうな遊具が沢山ありました。水遊びができたり、バラ園やコスモス園、野外バーベキュー、レストランなどが完備されており、入場料は大人400円、子ども80円、駐車場310円でした。1日ゆっくりと楽しめそうです。フェアは31日まで。
  親林プログラム〜クラフト作り  10月9日
 年間5回シリーズの4回目です。県の緑の百年物語に合流して、県立植物園裏での植樹(その前段の儀式がきつかった)と、花林館において昼食後に木を使ったクラフト作りを体験しました。
 シュンは金槌が気に入ってトンカンやってました。私が作ったトンボはけっこう良い出来でしたよ。
 
  苗場山登山  10月2〜3日
 仕事仲間や学生さん、ときプロで一緒の宮澤先輩にうちの娘を加え、総勢11名で祓川コースを登りました。
 和田小屋までの最初の10歩で娘は歩かなくなり、参りました。その後は怒って、誉めて、スカして何とか頂上へ。他のみんなより1時間遅れでした。同行の皆様御心配をおかけしました。
宮澤さんのページ
 ときプロ〜稲刈り  9月25日
 地元TV局が企画しているトキの野生復帰のためのボランティア作業です。旧畑野町小倉集落の棚田において稲刈りや草刈りを行ってきました。ホテルの駐車場で地場海産物を肴に行われた交流会が最高でした。
宮澤さんのページ
  ときプロジェクトオフィシャルHP
 
 スキー場跡地でマット張り  9月19日
 五頭スキー場跡(阿賀野市)上部のマット張りに参加しました。運び上げたマットを広げて、地面に釘で打ち付ける作業です。これで表土の流亡を防ぎ、植物が定着できるようになります。天気を見ながら子ども達も参加です。前日の荷揚げにも参加しましたが、これが一番辛かった。
 
 瓢湖の自然観察会  9月11日
 阿賀野市にある白鳥飛来で有名な瓢湖で地元の小学生と保護者約50人を集めて水生植物や水生生物を中心にした観察会が開催されました。主催の「瓢湖の白鳥を守る会」事務局は市内全小学校に案内を出してこれしか集まらなかったと嘆いていました。
 
 
 ブナの森の昆虫探検  8月28日
 松之山町にあるキョロロ森の学校で行われた昆虫採集会に参加しました。森の探検というので、捕虫網に運動靴で行ったら、いきなり水生昆虫の採集会でした。参加型イベントの企画がグッド。前の週まではクワガタムシも見つかったそうです。若いスタッフのみなさんで活気がありました。
 
 夢志の里夜間採集  8月7日
 またまた上の子達に振られ、一番下のチビと三川村の夢志の里へ。今日は夢志の里のイベント日。ところが、このチビは虫ぎらい。「ムシムシこわーい」と言っていつもは逃げていくのだが、今日は夜10時の最後まで付き合ってくれました。お疲れさま。
 
 
 親林プログラム〜昆虫採集  7月31日
 夏休みだ! 昆虫採集だ! 集まった親子連れ約30人。
 でも、真夏のこんな暑い日の日中にカブトムシやクワガタムシが採れるわきゃないよね。2日前にトラップも仕掛けたけど、どうも不発。
 もっとおもしろい虫もいっぱいいるんだけどな。
 
 
 すからべ庵でドランク  7月2日
 職場のアウトドアグループ行きつけの宿です。囲炉裏があって、お風呂も完備。もちろん自炊です。夜が更けるまで話が弾みます。
 
 ホタル保護指導員講習会  6月26〜27日
 新潟県ホタルの会主催の講習会に参加しました。ホタルの話よりも、環境をどう保全するかという話が中心でした。
 田んぼの基盤整備時にホタル用水路を造って保全している事例等を視察しました。

 
 松之山古道自然観察会  6月12〜13日
 13日は県の観察会で松之山古道を歩きました。私の担当する子ども達のグループは、残念ながら参加者数が少なかったのですが、全員に捕虫網を持たせ、虫採りにチャレンジしてもらいました。お父さんの方がのめり込んでいる姿も見られました。
 今回は別部隊で地質の説明と古道にまつわる伝承の説明が織り交ぜられ、盛りだくさんでした。道中ドクガの発生が多く心配されましたが被害はなくホッとしました。
 宮澤さんのHPへ
 親林プログラム〜炭焼き  6月5日
新津森林プロジェクト〜花炭焼き体験 私の住む新津市では森林プログラムと称して、親子連れを対象に年5回ほど里山遊びの体験講座があります。6月5日の本年第2回目の炭焼き体験に子ども達と参加しました。炭焼き窯は菩提寺山の中腹にあります。途中堀出神社や桜広場などで材料を集めながら登りました。炭といっても花炭焼きです。材料をお菓子の缶に入れ、焚き火にくべて1時間ほど。元の形のまんまで真っ黒な炭ができあがりました。形的には松ぼっくりや栗のイガが面白く仕上がりました。
 妙高いもり池  5月30日
 我が家の常宿「ヴィラ小川」さんで山菜を御馳走になった後立ち寄りました。
 自然観察指導員の先輩根津和育さんの記念碑です。ホントに素直に名前を教えてくれない方でした。
 
 新津森の学校  5月15日
 私も加入している「こしじ水と緑の会」主催のイベントです。春先は見る物が沢山あって、おまけに雨も降ってきたので堀出神社でお昼です。
 オトシブミやマツケムシなど昆虫も多く見られました。
 ときプロ〜田植え  5月8〜9日
 春作業は、昨年に続き小倉地区に参加しました。作業は田植えの他、休耕田の耕耘とそばの種まきでした。左の写真のように昼食は手作りの心づくしの物で大変美味しかったです。宮澤さんのHPへ
 
 竹の子掘り  5月2日
 職場の後輩の実家は竹の子がニョキニョキ。処分に困るというので掘りに出かけました。実際は、ここの竹の子は掘るのではなく、地上に出てる部分を根本からバッサリやります。子どもも楽しめます。
 親林プログラム〜山開き  4月29日
 新津市のイベント、今年の森林プログラムのスタートです。いつもの菩提寺山ですが、サクラがきれいに咲き、季節の移ろいを感じさせてくれました。
 
 春の自然観察会〜胴腹清水  4月25日
 下見もしてないのにリーダーに当てられ、どうなるかと思いましたが、小須戸の小池先生のおかげで助かりました。見上げるようなブナの大木や初めて見る胴腹清水(どっぱらしみず)にびっくりでした。
 地学ハイキング〜笹神村  4月18日
 学生時代に1回だけ参加したことのある「地ハイ」に、多分25年振りくらいに参加しました。参加者は100人近くいたでしょうか。10くらいのグループに分け、視察ポイントを回りました。運営は全て学生さんがやっているそうです。
 不整合、断層、葉理、生痕化石などいろんな道具も使いながらていねいに説明していただき、久しぶりに地学の神髄に触れることができました。魚の化石が思うように採れず子ども達は少しガッカリだったかも知れませんが、学生のみなさんありがとうございました。
 五頭スキー場跡里山復元作業  4月11日
 自然観察指導員の会で一昨年から取り組んでいます。昨年植えた苗木を起こしたり、この後別の場所の苗木ほの草取りを行いました。唯一小学生参加の長男が頑張りました。
 
 白山山開き  4月4日
 長男と職場の本間さんと登りました。1,000mを越えるのでさすがに雪だらけです。おまけに天候不順で山頂は雪。こういうときありがたいのが山小屋です。場所を空けてもらい暖かく昼食ができました。
 角田山  3月28日
 職場で出かけました。角田灯台下はものすごい車の数。県外ナンバーのバスもあります。今回は初めてのルートでまだユキワリソウが沢山残っていましたが、いつまで保つことか?
 
 菩提寺山  3月21日
 上の子ども達が付き合ってくれず、一番下のチビ助を担いで春の息吹を感じに出かけました。田んぼにはカエルの卵塊を見つけ、沢筋にはホクリクネコノメが咲いていました。
 スノーシューとクロカンスキー  2月28〜29日
 我が家では恒例になりました。安塚キューピットバレーでスノーシュー。翌日、妙高池ノ平でクロカンで遊んできました。同行した宮澤先輩の写真HPはこちら
 
 裏磐梯でのんびり  1月31〜2月1日
 職場の人の伝で談暖暖(DanNonDan)という貸別荘に泊まりました。暖炉が暖か。ここをベースにわかさぎ釣りやクロカンスキーに出かけます。

05/03/20更新
このページはIE6.0以降で表示できます。NNだとちゃんと表示されないようです。