| ホーム | みんなの自然観察 | 出会いを創ろう会 | おたっしゃ倶楽部 | 好き!農業 | 日々雑感 | BBS | メール |
平成17年の今月のアウトドア
 ふ〜じ〜のネイチャー&アグリのページ   
 自然と農業を愛するページです
みんなの自然観察へ
 平成17年のアウトドア
 平成16年のアウトドア
 平成15年のアウトドア
 平成14年のアウトドア
 平成13年のアウトドア
 平成12年のアウトドア
 もっと気軽にアウトドア
 松代・田んぼの生き物
 地球温暖化について
山の話へ
 2006.6.24〜25巻機山 new!
 2005.7.30〜31鳥海山
 2004.10.2〜3苗場山
 2002年お山の写真
リンク・アラカルト
vol.1 ネイチャー&アウトドア編
vol.2 よだれの垂れる食材編
vol.3 お友達&ネットショップ編
生き物歳時記
平成17年に気づいた初見など
アオマツムシ 9月10日頃・新津
ミンミンゼミ 9月10日・菩提寺山大沢公園付近
ヒグラシ 7月23日・栃尾市半蔵金
アブラゼミ 7月6日・長岡市宮本
アゲハチョウ 5月14日・家の庭
ツバメ 5月12日・長岡市駅裏
オオイヌノフグリ 3月31日・聖籠町
ヒメオドリコソウ  3月30日・中条町
ハコベ 3月27日・家の庭
クロッカス 3月18日・家の庭
日々雑感@niftyのココログです)
BBS
ふ〜じ〜の生き物大好き
 雪だるま  1月7日
 今シーズンは12月から降雪量が多くて大変な年越しでした。どこもかしこもいつまで経っても雪だらけ。もちろん、昔はこうだったのでしょうが、最近の少雪に慣れた身には辛いところです。
 でもチビ助は元気いっぱい。屋外が大好き。こんな所に雪だるまを作られたおかげで今日はお出かけできなくなりました。
 冬の花火  12月24日

(写真は宮沢さん撮影)
 1ヶ月以上前からせっかくロッジで待つクリスマスを計画していたのに、大雪で1週間前にロッジからキャンセルの通告。現地ではその時点で1mの積雪だったそうです。キャンプ場までの除雪体制ができてないんですね。
 で、宮沢さんはじめ友人に来ていただいてホームパーティになりました。しっかり外で花火はやったぞ!
 来年こそはロッジで騒ぎたいですね。
  トキプロ忘年会  12月3日

宮沢さんのHP
 新潟市近隣に在住するトキプロ参加者と佐渡の受け入れ集落の人たちが合流して行われました。今年で2回目の忘年会です。
 朝から強風・波浪警報が発令される中、荒波を乗り越えて参加された佐渡のみなさん、大変ご苦労さまでした。
 私は時間を勘違いして、1時間も早く着いてしまいました。おかげで久しぶりに紀伊国屋書店に寄ってきました。
 
 トキプロ収穫祭  11月12〜13日

(クリックすると拡大します)
 1日目はNPOトキの島の理事・中島さんの月布施の山の中の田んぼ周辺でビオトープ作りの作業を行いました。
 2日目は久知河内集落でトキ保護センターの坂さんの話などをお聴きした後にお待ちかねの収穫感謝祭に突入しました。
 手打ちのそばやつきたての餅、煮物、漬け物、そしてお酒と、ふんだんに振る舞われ、1年間の活動の締めくくりとなりました。 
  一人はぐれて五頭登山  11月6日
 ブナ友の会の企画で、今年最後の活動として五頭の観察会と苗木の収集があったはずなのですが、少し遅れて行ったら誰もいない。
 仕方ないので追いつこうと思って登り始めたのですが、五頭の山頂に着いても知ってる顔はなく、下山の途中でようやく1人お会いしたのですが、その人も誰にも会わなかったと言ってました。
 で、久々に1人で山を歩きました。
 
 新津親林プログラム〜森の収穫祭  11月5日
 今年4回目で、最後の親林プログラムです。私は前の晩に飲んで泊まったので、寺泊からの参加でした。
 コースはいつものように堀出神社を経由して炭焼きのログ小屋のあるところまで登り、ここでクラフト作りと焼いた炭を使ったバーベQを楽しみました。
 昨年設置した鳥の巣箱を下ろしたのですが、鳥が使った巣箱は中がコケなどでふかふかに敷き詰められていました。
  ブーちゃんと道南二人旅  10月19〜22日

 写真は駅のホームでバーベQをやってるところです。運転手さんや女子高生がブーに手を振ってくれました。
 ブーちゃんと2人で、北海道の比羅夫をベースに旅をしてきました。余市の駅ではおばさん方に振り向かれ、札幌の駅でも大泣きして売店のおばさんに注視されてしまいました。
 でも、私の一生の思い出に残る2人旅になったと思います。
 
 庭の芋掘り  10月16日
 いわゆる猫の額ほどの庭ですが、これでも放っておくとけっこう雑草が生えます。これをきれいにしようと思うとすごく大変。自分でやってみると農家の方に簡単に無農薬で野菜作れ、なんて言えませんよ。おまけに、我が家はこのページのような感じで土日はしょっちゅう外に出てますし。
 そこで、昨年からサツマイモを植えてみました。これが割と当たり! 収穫も楽しめて一石二鳥なんです。
 新津丘陵の地学ハイキング  10月15日

 長男に聞いたら行くというので、もう1人チビ助を連れて参加しました。集まったのは30人くらいで、うちのほかに子どもはゼロ。また、午前中はあいにくの雨でチビ助のズボンはすぐさまびしょ濡れになってしまいました。
 話も専門的で、子どもたちにはわかりにくかったと思いますが、800万年前の火山活動の様子を聞き、貝の化石採集をやらせてもらいました。
 
 トキプロ稲刈りその2  10月8〜9日

ときプロPhotoAlbum
 2週続けてのトキプロ参加です。今回は1日目の途中からの参加だったのですが、雨で小倉での稲刈り作業は中止。中島さんのビデオ上映会となっていました。
 翌日はまずまずの天気で午前中片野尾の金子さんの田んぼを刈りました。少し残ったので午後には有志で続きをやりました。
 子ども達はコンバインを運転させてもらって楽しんだようでした。片野尾のみなさん、お世話になりました。
 トキプロ稲刈りその1  10月1〜2日

 参加者は25人くらい。1泊2日の稲刈りでしたが、あいにくの雨で1日目の久知河内集落では3畝くらいのもち米だけを刈りました。
 刈った稲を束ねてハサ架けしたのですが、束ね方に慣れるまで四苦八苦でした。また、佐渡ではハサ木ではなくハゼ木と言うようです。
 翌日も雨だったため作業ができず、集落の公民館でトキのビデオ上映会となりました。残念。
 
 新潟市理科作品展  9月24日
 娘の夏休みの自由研究作品が新潟市りゅーとぴあで行われた市の作品展に展示されました。5月のBe-Palヒスイキャンプと8月の石拾いキャンプで集めた岩石・鉱物の標本です。
 今まで各クラス2作品くらいを持ち寄って近所の図書館で開催されていたのですが、新潟市に合併したら各学校で5作品くらいと、随分敷居が高くなってしまいました。単なる展示で、科学的な評価のないのも気になりました。
 八蔵農園の肴豆刈り  9月25日
 長岡の枝豆といえば「肴豆」。さやのやや大振りなおいしい枝豆です。居酒屋で出される冷凍用にも良く使われる種類です。王番田で行われた肴豆狩りに行って来ました。有名な黒埼茶豆が8月のお盆後くらいに出荷されますので、それよりさらに1ヶ月も遅い収穫です。近年、地球温暖化の影響か、秋に入ってもいつまでも暑い日が続くので、ビールに枝豆の需要期間も長くなっているようです。
 
 トレーラーハウスでキャンプ  9月17〜18日
 初秋の裏磐梯桧原湖畔で初のトレーラーハウスキャンプです。このトレーラーハウス、どうやって持ってきたかもびっくりですが、すごくいろんな収納があちこちに付いていて家造りの際の参考になります。ソファがベッドになったり、テーブルがベッドになったりでまたびっくりです。外で過ごすのはもったいないような気が。
 チビ助は隣のハウスの男の子とすぐに仲良くなって駆け回ってました。もう夜は寒さが身にしみました。
 夏休みの自由研究で岩石・鉱物調べ  8月28日
No Photograph  5月のヒスイキャンプが功を奏して、娘の自由研究は岩石・鉱物標本となりました。
 作品は5月に採集した物と先日の石探しキャンプで採集した物です。タイトルは「海と川の石」になりました。
 後者の名前はキャンプ場に展示してあった石で調べては来ましたが、よくわかりません。長岡の博物館で行われた名前調べに参加しました。
 
 下塩の生き物集会  8月23日
 栃尾市のやや山手にある下塩集落では、農地の基盤整備の際にホタルの棲める水路を一緒に整備しました。
 一旦採集した生き物をできた水路に戻して3年目。どんな種類の生き物がどの程度戻っているかを集落の人たちと調べました。
 オニヤンマなどのトンボのヤゴ、トビケラ類、絶滅危惧種のホトケドジョウなどが工事前に近い数まで戻っていました。
 石探しキャンプ  8月20〜21日
 夏のキャンプは暑いので避けたいところですが、娘の自由研究のために赤谷鉱山の鉄鉱石が拾える滝谷森林公園にお邪魔しました。
 ここはオートキャンプのサイトが1泊千円と格安なので人気です。最近バンガロー専門だったのですが、空きがなく久々のオートキャンプでした。
 隣のサイトにカヌー積んだ車がいるなと思ったら、翌朝ばったり成田君と遭遇。夜のうちにわかってれば1杯飲めたのにね。
 
 新津親林プログラムで昆虫採集  8月7日

1週間後にトラップを回収に行きましたが、やっぱり何も入ってませんでした。
 恒例の昆虫採集の回です。ここ3年くらい元上司の桜井精さん(越佐昆虫同好会長)と講師をやっています。今回も前日、けいに作ってもらったペットボトル・トラップなどを仕掛けて回りました。
 その夜に行われた夢志の里の夜間採集に参加しましたが、気温がやや下がったせいか獲物はありませんでした。
 案の定、仕掛けたトラップにも何も入っておらず、3年続けて子どもたちにはお詫びです。時期もう少し早いほうが良いんだけどな。
 鳥海山登山  7月30〜31日

宮澤さんの写真
 久々の鳥海山登山は、初の滝の小屋から大雪渓を登るコースです。初日は1時間半ほど登った河原宿小屋で宿泊。30人の上限に26人の宿泊でした。けっこう食事も頑張ってました。
 一緒に行った長男は、久しぶりの高山登山。とくに鳥海山は山頂付近が急峻な岩場です。逞しいオバちゃん方に追われてべそをかいてました。
 でも、よく登ったと思います。頑張ったね、中学生。
 
 越後丘陵公園  7月17日
 今日は長岡市場で地元のブランド野菜「巾着なす」のイベントがあり、覗いてきました。巾着なすの絵柄のTシャツも売っており、車のシーマをデザインした大学の先生の作品だと言ってました。
 お昼を兼ねて越後丘陵公園へ。昨年地震前に寄って以来2回目です。よく整備された公園で子どもたちが喜ぶ遊具もたくさんあります。
 早速玉にまたがってザーッと滑っていました。
 同窓会でフィッシングパーク  7月2〜3日

 久しぶりのおたっしゃ倶楽部の集まりで湯沢温泉へ。昨年倶楽部創設25周年を記念して実施される予定だったのですが、中越地震により中止となっていました。
 宴会の翌日はみんなで湯沢フィッシングパークへ。うちはちび助には無理と思い、見学。魚よりもちらちら飛び回るヒオドシチョウやオオムラサキの方が気になりました。お魚の方はちゃっかりご相伴にあずかりました。
 
 夢志の里訪問  6月26日
 今年初めての夢志の里訪問です。付いてきてくれるのは一番下のチビだけです。
 昨年は7月の大雨で側を流れる阿賀野川の水位も小屋とすれすれくらいまで上ったそうです。今日は静かで穏やかな阿賀野川でした。
 夏には夜間採集会があるのですが、この周辺は杉林。子どもたちの期待を満たすのはいずこも大変です。
 ホタル観察  6月22日・23日

デジカメ撮影の蛍の灯
 22日は新潟市の秋葉湖畔へ。昔は放飼されていた秋葉湖畔は残念ながら不発でした。水路自体暗く、水路を直したりしたのも良くなかったのだと思います。なぜか少し離れた駐車場のトイレの脇に舞っていました。
 23日は栃尾市の下塩集落で見学。農地の基盤整備の際にわざわざホタル用水路を作ったそうです。作って3年目ということですが、水路上に20頭ほど舞っていました。
 
 旧松代町の貸し民家宿泊  6月18〜19日

どぶろくご馳走様でした
 恒例にしていた旧松代町の棚田エコツアーは主催の藤田先生多忙につき中止。代わりに貸し民家「みらい」2号館で地元の方々と一献酌み交わしました。どぶろく特区全国第1号の若井さん醸造の辛口のどぶろくも戴きました。
 先生としては今後は地元の雪国農耕文化村センター「農舞台」などと協力してやっていきたいという考えです。継続するには地元にベースが必要ですものね。
 宮澤さんの写真
 ときプロ田んぼの草取り  6月4〜5日
 今年3回目の佐渡は、無農薬田んぼ作業の中でも一番大変と言われる草取りです。片野尾の金子さんの田んぼは、田植え後に米糠と大豆かすを撒いて雑草の生育を抑える工夫がしてありました。とろとろの物体がうまく田んぼを覆っているところでは、草がうまく抑えられていました。それでもかがんでする作業は腰にきます。ミジンコやユスリカなど生き物がすごく豊富でした。 宮澤さんの写真
 
 宝石ハンティング&日本海満喫キャンプ  5月28〜29日
 アウトドア雑誌Be-Pal企画の青空教室に家族で参加しました。「週末は「婦唱夫随」の宝探し」を連載されている辰尾良二さん、くみ子さんの指導によるヒスイ探しと地元食材を使ったアウトドア料理に子ども達も大満足でした。
 ヒスイばかりじゃなかったけど、みんな最低一つずつは宝物を探し当てて帰れたようです。私も30年振りくらいに石屋魂が呼び覚まされました。
 Be-Pal8月号に掲載されました
 初の一家総出のときプロ田植え  5月7〜8日

宮澤さんの写真
 今年2回目の佐渡は、今まで参加のなかったカミさんと一番下のちび助も同行し、田植えに参加しました。
 1日目は気温が低く風も強かったため震えながらの田植えでした。ちび助は泣いてとうとう田んぼには入りませんでした。2日目は一旦入ったら、今度は出るのがやだと大泣きでした。あんまり役には立たなかったかも
 
 山里のメダカ池  5月GW期間
 カミさんの実家では、子ども達の祖父がメダカ池、今風に言えばビオトープを作っています。帰省すると子ども達は、たも網を抱え、まっすぐにここを訪れます。
 ここにはメダカやイモリ、オタマジャクシ、様々なヤゴやカワゲラの類などが棲み着いており、子ども達の絶好なな観察の場となっています。

 今年1回目の新津親林プログラム  4月29日
 みどりの日に親子連れ30人くらいが石油の里に集まって開催されました。写真は新しく作った炭焼き小屋前で、もりともの小林正吾先生がお話しされてるところです。
 このあと植樹してから、菩提寺山中腹の炭焼き小屋まで昨年秋に取り付けた10個の巣箱の利用状況を確認しながら登りました。利用が確認できたのは1個だけでした。
 
 今年1回目のときプロジェクト  4月16〜17日
 佐渡市片野尾での作業です。ときプロジェクトで初めて違う集落に参加しました。ここ片野尾はときの放鳥に好意的で、農家民泊に取り組むなど外部との交流にも大変積極的な集落です。
 この日は新潟から高校生の参加もあり、地元の方々は大変盛り上がっていました。漁港での昼食もおいしくいただきました。もうちょっとお酒に飲まれないでいただくと良いと思うのですが。
 五頭の苗木ほ草取り  4月10日
 苗木ほは大蔵山の登り口付近にあります。昨年はこの時期草は随分伸びていたそうですが、今年は雪解けが遅く草はまだちょびちょびっという伸び方でした。それでも集まった15人くらいの人間で半日ガンバってむしり取りました。
 子ども達は近くの小川で生き物探し。カゲロウの幼虫やサワガニの子どもがいました。
 
 早春の菩提寺山  4月2日
 うちのチビ助は既に15kg超過。今まで使っていた背負子の耐荷重を超えてしまいました。まだ本人に歩かせるには早いと思い、おニューのキャリーを購入。この日早速使ってみました。
 フィット感は抜群。チビ助もお気に入りです。でも、けっこう自分の足で歩いてくれました。もう必要なかったか?
 花はまだマンサクくらいで残雪がけっこうありました。
 妙高スキーツアー  3月12〜13日
 恩師をお連れして毎年恒例の妙高スキーツアーです。とはいえ最近はゲレンデスキーをせず、キューピットバレーでスノーシューハイクをやり、翌日は妙高池ノ平でクロカンスキーを遊んでいます。
 1日目は悪天候の中のハイキングでしたが、2日目は御覧の良い天気で先生にも満足していただけたようです。
 
 
 雪と遊ぶ自然学校  3月5〜6日
 キューピットバレースキー場とこしじ水と緑の会が共催で昨年から実施しているイベントです。スノーシューで集落ハイク、北極に行ったお話、幻想的なキャンドルロード作り(写真)、キューピットビレッジ宿泊で、翌日はスノーモビル体験(またはスノーシューハイキング)、わら細工体験と盛りだくさんでした。これで参加費大人8,000円はかなりお得です。 
 タイヤチューブ  2月26日
 今年はホントに何度も降りました。私の家の近所の能代川の河川敷でも30センチメートルほど積もりました。雪があがったら早速河川敷へ。土手の斜面は少し急なのでスコップで雪をかき集めます。タイヤチューブは行きつけのGSで購入したものです。チビが得意げに滑っていきます。残念ながらほかに遊ぶ子どもの姿は見かけませんでした。
 
 雪国で大暴れ  2月12〜13日
 カミさんの田舎はそうとう雪が降ります。近所にスキー場があるほどです。今年はこの大雪ですから軒下は2メートル近くなりました。
 だから庭先で雪の山の滑り台やこんな雪のトンネルは簡単にできちゃうんですねえ(とはいえ、作る祖父母には重労働です。ありがとうございます)。あとは子ども達の天下です。
 わかさぎ&スキーツアー  2月5〜6日

上が15匹、下は4匹を釣り、無事ありつけました。
私の分はナイショです。
 職場のツアーです。昨年からお邪魔している裏磐梯秋元湖畔の「暖のん談」に宿泊して、わかさぎ釣りとゲレンデスキーに分かれて遊びまくり、夜は貸別荘で大酒三昧するものです。
 我が家も1日目は5時半起床で釣り組に合流。翌日は下の子が楽しみにしていたスキーのはずが、上が発熱。下がムーミンのように膨れるのを諭して帰りました。今年のゲレンデは終わりかな?
 
 県自然観察指導員の会第23回総会  1月22〜23日

急斜面を列になって分け入ります。
 合併した上越市大島区にある庄屋の家での開催です。初日は昨年出没の多かったクマの生態についての講演会と総会が行われ、夜は楽しい飲談でした。
 翌日は天候もまずまずで集落の裏山にスノーシューとかんじきで分け入りました。様々な冬芽がある中でブナの芽がもう開きかけていたのが意外でした。
 ヒラタケをごっそり収穫した強者もおられました。秋のうちに目星を付けておいたとか。 

06/1/9更新
このページはIE6.0以降で表示できます。NNだとちゃんと表示されないようです。