鬼の舌震い

鬼の舌震い

島根県仁多町にある渓谷。
おどろおどろしいその名の由来は、姫を慕うワニが、姫に会うために障害を乗り越えて、
幾度も幾度も姫のもとに通おうとしたところから来たらしい。
つまり、“ワニの慕ぶる”が“鬼の舌震い”に転じたとのこと。
いくつかの橋を渡りながら、渓谷沿いの遊歩道を進んでいくのだが、
大きな塊の岩が川床にゴロゴロと無造作に転がっていて、なかなかの景観である。
渓谷の入り口では、春には満開の桜が出迎えてくれる。