安徳天皇

安徳天皇



よみ:あんとくてんのう
時代:平安時代
年代:1178年11月12日〜1185年3月24日

内容: 第81代天皇。名は言仁。高倉天皇の第一皇子で、母は平清盛の娘建礼門院徳子。誕生の翌月親王宣下、続いて立太子を経て、治承四年二歳で即位。同年六月福原に行幸するが、十一月に源平の内乱が起こると京都に帰る。寿永二年源義仲入京の際に平氏に擁せられ西走。源氏の軍に追われて大宰府、讃岐国屋島などに逃れたが、寿永四年二月源氏勢の屋島攻略で海上に追われ、三月長門国壇ノ浦の戦いで平家が滅亡したとき、清盛の妻の二位の尼に抱かれて入水した。御陵は山口県下関市、阿弥陀寺陵