不輸不入の権

不輸不入の権






荘園に国家権力が入らないこと。不輸は租税免除。不入は国司らの立入禁止。律令国家は律令国家は743年墾田永年私財法により荘園の設立を許した後も,荘園を公領と同様に扱って国司が立ち入り租税をかけていたが, 荘園を持つ有力者は,さらに私有権を確立しようと務め,9世紀半ば頃から各種租税の免除を不輸の権として次々に獲得していった。しかし国司らは租税増徴の為,しばしば荘園に立ち入り調査をしたので,やがて不入の 権も申請。許可されるに到り,荘園の私有権は確立した

荘園に戻る