北条時行

北条時行



よみ:ほうじょうときゆき
時代:鎌倉時代
年代:????年〜1353年5月20日

内容: 南北朝時代の武将。北条高時の二男。相模二郎と称す。鎌倉幕府滅亡の際に信濃に逃れ諏訪頼重に養育された。建武2年(1335)信濃に挙兵。鎌倉を占拠したが、東下した足利尊氏に敗れて逃走した(中先代の乱)。以後南朝に与し、北畠顕家に属して西上し、顕家戦死後は宗良親王と遠江井伊城に籠った。しかし高師泰に攻められると東国に隠れ、文和元・正平七年新田義興と鎌倉に攻め入ったが、いくばくもなく敗れ、翌年鎌倉で斬首された。