厳島の戦い

厳島の戦い



当事者1:陶晴賢
当事者2:毛利元就
当事者3:
時代:戦国時代
年代:1555年9月21日〜1555年10月1日
要約:安芸国の国人領主である毛利元就は、西国一の大名であった大内氏を簒奪した陶晴賢を、厳島へおびき出す。激戦の末、陶晴賢は自刃。

内容:  時代状況
古来より名家である大内氏は、大内義興の代に上洛し足利将軍の廃立に関与し、管領代として幕政を握った。しかし義興の子大内義隆は芸能を愛し、文雅の道に耽った為、大内氏筆頭家老である陶晴賢ら家臣団に欺かれた。義隆は宿老の内藤興盛を介して、自らの隠居と実子大内義尊の家督相続を条件に和睦を計画したが果たせず、避難先の周防の大寧寺で1551年(天文20年)9月1日に自刃した。
 混迷する中国情勢の中、長年大内氏の属将として活動してきた毛利元就は、嫡男毛利隆元の妻に大内義隆の養女を迎えた関係で、1554年(天文23年)5月12日陶晴賢討伐軍を起こした。

 前哨戦
毛利元就は大内義隆の弔い合戦を標榜し、逆臣陶晴賢に対し軍を起こしたが、名族大内氏を継承した陶軍は20,000、対する毛利軍は4,000に過ぎなかった。五分の一の兵力では勝利はおぼつかない。
 そこで元就は間諜を放って、陶方に味方する有力者たちの離間策を図った揚句、陶氏の大軍を厳島に上陸させる為にわざと島の西北部の有ノ浦に宮ノ城と称する新城を築き、万が一陶晴賢に厳島を抑えられたならば、毛利方は海上を封鎖されて窮地に陥るから、陶軍の上陸を防ぐために築城したのだという噂を諸方に流布した。
 この噂を信じた晴賢は、家臣の諫止をも振り切って、1555年(天文24年)9月21日、20,000の大兵を五百艘の軍船に乗せ、周防岩国の今津と室木の海岸を出航し、海上五里を経て、翌22日の夜明けに、厳島に上陸を開始した。元就の謀略が見事に成功し、これが戦勝の大きな原因となった。

 奇襲上陸
たとえ、元就が謀略をもって陶晴賢の20,000の大軍を厳島に上陸させ、身動きもできなくさせたとしても、最後の決戦に失敗すれば、折角の謀略も水泡に帰す恐れがあった。(というより、謀略だけで勝てる戦など皆無である)
 そこで、元就は直ちに先発隊を宮ノ城に急送させ、9月27日自ら安芸吉田郡山城を出陣し、厳島対岸の草津に至った。従う人数は、次男の吉川元春以下僅か3,500である。そこから西南に三里の地御前という地点まで前進した。しかし厳島の有ノ浦に新たに築いた宮ノ城は、今や陶方の大軍の攻撃の的となっていた。
 ところが、その午後になると、瀬戸内海の海賊、能島の村上武吉、来島の来島通康などの連合水軍の応援を得て、30日の夜、折からの烈しい風雨を衝いて、元就は厳島への奇襲上陸を敢行する事ができた。そして、夜半前に、島の東北岸、博奕尾の麓に着岸し、博奕尾の嶮をよじ登り、陶軍の本陣、塔ヶ岡の背後に陣を布いた。一方元就の三男小早川隆景の率いる別働隊も大鳥居のあたりを抜け、塔ヶ岡の近くに上陸している。

 奇跡の勝利
明くる10月1日の早暁、元就の率いる本隊約2,000は、鬨の声をあげて背後の山から、塔ヶ岡の陶晴賢の本陣めがけ、真一文字になだれこんだ。同時に小早川隆景もまた、宮ノ城の守備軍とともに、陶軍の正面から猛攻撃を開始した。これは、1,000人足らずの兵力だが一丸となって陶軍のまっただ中へ斬り込んだ。
 陶軍は不意を衝かれたうえに、狭い地域に20,000余りの大兵が陣取っていたために、進退の自由を失い、たちまち総崩れとなって、遂に厳島社の西方、大元浦へと潰走する。陶晴賢は大江浦で自刃した。
 この戦いは、1560年の桶狭間の戦いとともに、寡兵が大兵を壊滅した戦いである。どちらの戦いも情報戦において、寡兵側が主導権を持っている(というより、大兵側は見くびっていて、ろくな情報戦をしていない)。さらに、方や今川義元、方や大内氏を簒奪した陶晴賢と一時代の主人公をそれぞれ撃破している。さらに、それぞれの戦いを契機にして、毛利元就・織田信長が時代の覇者となっていくが、その後の両者の覇権ぶりは対照的で面白い。



目次ページへ
目次ページへ

[an error occurred while processing this directive]