室鳩巣

室鳩巣



よみ:むろきゅうそう
時代:江戸時代
年代:1658年2月26日〜1734年8月14日

内容:江戸中期の儒学者。江戸谷中生れ。医師玄樸の子。名は直清、字は師礼、通称は新助、別号は滄浪。寛文12年(1672)金沢藩主前田綱紀に仕えて、その命により京都に遊学、木下順庵の門に入り、金沢・京都・江戸の間を往復して学業を積んだ。40歳近くから朱子学に傾倒、山崎闇斎門下の羽黒養潜らと交際を結ぶ。正徳元年(1711)同門の新井白石の推挙で幕府儒官に転じ、白石失脚後も将軍徳川吉宗の信任を得て、侍講となり、『六諭衍義(リクユエンギ)大意』を刊行。享保10年西丸奥儒者となる。古学隆盛の時代に朱子学を墨守。晩年駿河台の屋敷に住んだ。赤穂浪士事件のとき、『義人録』を著して浪士たちを顕彰したことは有名。著に『献可録』『駿台雑話』『兼山秘策』など。