織田信治

織田信治



よみ:おだのぶはる
時代:戦国時代
年代:1545年?〜1570年9月20日

内容: 戦国時代の織田信長の部将。九郎。信長の弟。系図類では信秀の五男とするが、もう少し下、七男あたりらしい。尾張野夫城主という(重修譜)。信長入京の時には既に成人していたはずだが、史料に全く所見が無く、元亀元年(1570年)6月になって、「浅井三代記」に横山城攻めに参加の記事があるのみである。同年9月、森可成とともに近江宇佐山城を守り、20日浅井・朝倉軍と戦って討ち死にした(歴代古案・来迎寺要書・公記)。26歳と伝わるが確かではない。