鎮守府将軍

鎮守府将軍



よみ:ちんじゅふしょうぐん
時代:奈良時代〜平安時代


内容: 古代蝦夷経営の軍政府たる鎮守府の軍政長官。多く陸奥守が兼ねた。奈良・平安初期までの律令時代には「鎮守将軍」と称し「鎮守府将軍」とは言わなかった。府を付けて呼ぶのは平安中期以降である。平安後期になり名目化しても、もっとも権威ある武門の栄職とされた。源頼朝が征夷大将軍に任命されて後、この称は廃されたが、鎌倉幕府の征夷大将軍は鎮守府将軍に代わるものと考えられたのである。