フレーミング編(1F−1)

左に置かれているのが
2×4で、右が2×10
です。工法の名称の通
り、2インチ×4インチの
材木が多く使われます。
材木のほとんどは、SPF
(スプルースパインファー)
使用しています。荷重が
かかる場所にはSPFより
堅いヘムファ−(米栂)や
ダグラスファー(米松)を
使用したりします。
これは対面キッチンの
開口の部分です。
赤く見えるのはダグラス
の集成材です。
クレーン車でフレームを
降ろしたり、立ち上げて
いきますが、こちらから
現場は見えないため、
無線の作業となります。

工場でプレカットされて
来るので、現場ではあ
っという間に組み上が
っていきます。

もどる   次へ