next up previous contents
Next: 優れたソフトウェア達 Up: ちょっとした操作方法 Previous: あぁタイトルバーが隠れちゃったよどうしよう

WindowsNTでコマンドプロンプトの設定が上手くいかないよぉ

 

私はきっとWindows95と大差ないだろうと思っていたらなかなかにハマリました (笑)。そこでその辺りのいきさつをばちょっと書きたいと思います。というわけ ですので、主としてWindows95との違いについて書いていきたいと思います。

まずコマンドプロンプトの存在場所についてです。Windows95ではWindows95のイ ンストール先ディレクトリ、つまり例えばWindows95をC:\WIN95にインストール してあるならその場所にあるCOMMAND.COMがDOSプロンプトを起動する実行ファイ ルになります。これに対してWindowsNTではインストール先ディレクトリではな くsystemディレクトリにコマンドプロンプトの実行ファイルがあります。例えば WindowsNTのインストール先がC:\WINNTならば、コマンドプロンプト実行ファイ ルはC:\WINNT\system32ディレクトリにあります。

次に実行ファイル名についてです。Windows95の場合には、MS-DOSの時と同じく COMMAND.COMを実行すればよいのですが、WindowsNTではコマンドプロンプトを実 行するファイルが2つあります。COMMAND.COMとCMD.EXEです。例えばスタートメ ニュー内にあるコマンドプロンプトを選択するとCMD.EXEの方が実行されます。 じゃあこっちを使えばよいのかというと、そう簡単には事は運びません (^^;。試しに各々のプロパティを開いてみましょう。そうすると、 COMMAND.COMのプロパティはWindows95とよく似ているのに対して、CMD.EXEのそ れはちょっと異なっているのがお分かり頂けると思います。一通り見たところで はCMD.EXEのほうではコマンドプロンプト起動時のバッチファイルを指定する場所が見つかりません でしたので、私はCOMMAND.COMの方を使用することにしました。

COMMAND.COMのプロパティは殆どWindows95と同じなのであっさり行くかと思った のですが tex2html_wrap_inline1086 そう簡単には行きませんでした。Windows95と同様に設定して みたものの、いざ起動してみるとぜんぜん設定通りに起動しません。どうやって も一向に直らないので苦し紛れにウィンドウ右上の?マークをクリックしてバッ チファイルを指定する欄でヘルプを見てみたら tex2html_wrap_inline1086 なんと、「この機能は、 Windows95でプログラムを実行する場合に限り有効です。」なんてほざきやがり ました(笑)。なんじゃそりゃー。そんな欄をNTに作っとくんじゃねー(笑)。で、 よく見ると下の方に「WindowsNT」なんていういかにもそれらしいボタンがある のでこれを押してみたら tex2html_wrap_inline1086 それらしいのがありますねぇ。しかもCONFIGの 設定まで出来るようで。というわけでこれを適当に編集して再び起動してみまし た。

すると tex2html_wrap_inline1086 「環境変数領域が足りません。」とな。うむ、MS-DOSから使って いる人ならよく見慣れた言葉ですね。それじゃあ、とササッと直してもう一回起 動すると tex2html_wrap_inline1086 「環境変数領域が足りません。」なんじゃそりゃあ(笑)。今直 したばかりなのにぃ。と、そこでふと思いつく。こいつもひょっとして tex2html_wrap_inline1086 というわけでここもヘルプで見てみると、やっぱりWindow95でしか有効にならな い模様(^^;。こんなんばっかやねん。ん?ってことは何処で直すんやねん tex2html_wrap_inline1086 まさか、あそこ!?

というわけで、なんとConfig.sys中のshell=の文中で環境変数領域のサイズを指 定することになりました(笑)。おいおい、こんなのMS-DOS知らない人だったら絶 対分からないぞぃ。この時いかにGUIベースのWindowsNTを使うにしろ、結局MS-DOS の知識が要求されることを痛感したのでした。全く不親切な話やな。

というわけでやっと環境変数領域サイズの指定も終わってようやく目的達成 tex2html_wrap_inline1086 と思いきや、なんかディレクトリの移動(CHDIR)が効いとらんぞぃ。ど うやらバッチ中でのディレクトリ移動はバッチ終了後には無効になってしまうみ たいやな。まぁこれは子プロセス中の移動だからだな、と理由は推測できますけ どね。でもWindows95では有効だったんだけどなぁ tex2html_wrap_inline1086 。まぁ仕方がない、 これも直そう tex2html_wrap_inline1086 と思ったけど、いったい何処で直すんやぁ!

さんざん試行錯誤するも成功せず、そんなときふとプロパティを見ていたら tex2html_wrap_inline1086 、「なんや、あるやん。」ちゃんと「実行時のディレクトリ」ってある じゃないですか(^^;。ぜんぜん気がつかなかった(笑)。で、ここに正し いディレクトリを設定して、ようやく完成しました!(^^)。いや tex2html_wrap_inline1112 結 構苦労したぞ(^^;

以上、WindowsNTのコマンドプロンプトの初期設定で困っておられる方がおりま したら参考にしてみてくださいね。って、これって本当に参考になるんだろうか tex2html_wrap_inline1086 (笑)。

すいません、気が向いたら(ぉぃ)もっとスマートなやつ書きます(^^;

意見箱 : harusaki@sannet.ne.jp

トップページへ戻る
SANNETホームページへ戻る



Hideharu Yamazaki
Wed Aug 18 23:08:33 JST 1999