七 福 神   

 七福神とは、広辞苑によると七柱の福徳の神とあり 大黒天 恵比寿神 
 毘沙門天 弁財天 福禄寿 寿老人 布袋和尚 という神々である。私の
 住んでいる千葉県松戸市の『松戸七福神めぐり』のパンフレットによると
 次のように書いてあります。七福神の信仰は、室町時代の末期のころより
 生じ、当時の庶民性に合致して民間信仰の最も完全な形となって育てられ
 ました。特に農民、漁民の信仰として成長し、現代に生き続けてきたので   
 す。七福神のうち、大黒天 毘沙門天 弁財天は仏教出身が明らかですが
 他の恵比寿神 布袋和尚 寿老人 福禄寿についての文献は少なく、布袋
 和尚 寿老人 福禄寿は、中国の道教、神仙観とされています。仏教を中
 心として中国宗教と混合して出現したのが七福神と称されています。七福
 神の信仰七種の徳を支配する神として室町の末期ごろから盛んになり、そ                  
 のころ中国から輸入された思想と古来より日本で信じられていた俗信と仏
 教思想とが入り混じって生じた信仰であると伝えられています。七福神は
 夢まくらに宝船にのって現われると福が授かるといわれ、初夢の枕下に入
 れて、吉夢を見ることがはやったそうです。




大黒天.恵比寿神へ


七福神ホームページに戻る