.園主より園主より
.商品一覧商品一覧
.各種写真各種写真
.ご注文ご注文
.支払い方法支払い方法
.その他その他
トップページ
園主より
多四郎果樹園の紹介
美味しさの秘密
今年の取り組み
ママの農業体験記
我が家の写真
商品紹介
食べ頃
各種割引
豊水
新興
ル・レクチェ
自家製コシヒカリ
果物詰合せ
発送荷姿
桃の基準
ル・レクチェの基準
桃の過程
ル・レクチェの過程
農機具の写真
ご注文について
宅配送料
注文フォーム
FAX によるご注文
代金引換
郵便振替
郵便振込
銀行振込
カード決済
訪問販売法に基づく表示
販売許可証
良くある質問
配送状況の確認
ご意見・ご感想
リンク集
直売所・桃の里
ひぐらしの森


     
          美味しさの秘密!      ルレクチェ   産地紹介   当果樹園紹介

           〜多四郎果樹園のこだわり〜


<桃>

リストボタン桃は、日当たりが良く管理された樹の先端から順に熟すため、収穫前の桃です
 先端から順に収穫されますが、消費者の方は店頭では区別できません。
 
 大切なことは、年間を通した栽培管理です。
 桃の樹は冬期間休眠して、春先に活動を開始し
 花を咲かせて果実を着果し、肥大していくわけですが、
 収穫後の落葉直前に、夏の間の光合成で蓄えられた栄養分を
 翌年の春から出足良く”活動”のために使えるように
 有機質たっぷりの肥料を樹齢に応じて施し、
 土壌中の微生物の力を充分に借りるために

 微生物に害のある除草剤は、使用しないことにあります。

 草刈りをすることで、刈った草が枯れることにより有機質の供給となり
 微生物の繁殖が促進され、微生物を食べるミミズが増加し
 ミミズを食べるモグラが土中に穴を掘り、土壌が弾力的になります。

 また、適正な着果量をコントロールすることで、樹に過大な負担をかけず、
 光合成で作られた養分を果実に確実に向け、
 太陽エネルギーを充分得られる枝の配置が大切です。
 収穫の際は、樹上で完熟した桃を収穫します。

桃を詰めています
リストボタン美味しい桃は、外観からの判断では、
 品種毎に適正な大きさがあります。
 
   白鳳系・・・250g前後 <八幡白鳳、日の出など>
   白桃系・・・300g前後 <浅間白桃、山根白桃、白根白桃など>
   極早生・・・200g前後

 一般的に大きいものが味は良いと思いますが、
 形が歪(いびつ)でなく、丸い桃が正常な生育をした桃です。
 
 着色は、人工的に反射フィルムで色付けしていますから
 枝に着果している部分の色が、緑色ではなく、
 薄黄色・クリーム色
になっているものが、完熟に近いと思われます。

リストボタン多四郎果樹園では、”桃”に対する自分の理解を深めるために、
 販売している品種の他にも、桃を栽培しています。
 (なつひめ、茨白桃、ネクタリン、ゴールデンピーチ)
 いろいろな桃に接することにより、
 既存の桃に対しての新たな”発見”や、さらなる理解が得られるためです。

 尚、これらの果実に関しては、収穫収量が少ないため
 通常販売は致しておりませんが、ご希望があれば、お気軽にお問合せください。


葉に隠れた部分に注目!
仕上げ前


着色を妨げる葉を取ることにより仕上がりを良くします。
影になって、赤くなっていません
仕上げ後


収穫までには、赤くなり、さらに糖度が増します。



<ル・レクチェ>


リストボタン桃と同様に、年間を通した栽培管理を行っております。

作成中




    


  産地紹介我が家の2階からの風景です


リストボタン新潟県は米や鮮魚に代表され、桃や梨等の果樹は
 あまり知られていないようであります。
 
 戦後の食料増産の時代に、コメ産地として農業が盛んだった頃から
 一部の農家の中に、換金作物として細々と栽培されて
 次第に周りの農家に広がっていきました。
 コメの生産調整が始まり、急激に果樹の面積が増加し
 今日、新潟県内では一番大きな産地となりました。
 
 肥沃な土壌と豊富な水、夏場の豊富な日照量、
 平場の利点である大規模経営の可能など
 若い後継者も比較的多いのが特徴です。



    


  当果樹園紹介家族皆の写真です


リストボタン4人の働き手がおり、循環型農業を目指し
 養豚農家と契約し有機質中心の肥培管理をしています。
 環境破壊の要因である除草剤を避け、
 一年に5〜6回の草刈りをします。

 樹の消毒においては、必要最低限の農薬を使用しますが
 濃度を薄めにして多量に散布することで、回数を減らします。
 
 収穫は、果実内の温度と外気の温度差が
 一番少ない朝の5時から9時頃まで収穫します。
 (農作物が美味しいため)
 外気の温度が高い日中は、収穫しておりません。
 (桃の日持ちが悪くなるため)

 樹上の果実は、一個一個収適期かどうか確認しながら
 日当たりの悪い果実には、太陽の光が届くように
 枝つりをしながら気を使っています。