だだもれ

2017年02月27日

そういえば、JINSというメガネ屋に行った。 ひつじこのメガネは見栄えはいいのだが壊れやすいので、 子供に乱暴をされても壊れないものを別に買おうということに なったのだ。それなら安い方が良く、 最近現れてきた安い店を試してみようということになったわけである。 で、店に行ってみてなるほどなと思った。 プラスチック製が主体で、製品数も絞っている。 店も狭いし店員も少なくて済む。通販で度のないものを売って、 店に持ってきてもらえば度入りのレンズを入れる、というのも面白い。 なるほどそうすれば通販できるわけか。

ひつじこは予定通り買ったのだが、私のは買わなかった。 オトモをだっこしていて選ぶ余裕がなかったのもあるし、 あんまり形が好きでなかったというのもある。 プラスチック製だとどうしても太くなるからなあ。 しかし値段が全然違うわけで、そんな好みなど無視した方がいい気はする。 そこに金を使うべきじゃないだろうちは。 仮に半分の時間で壊れたとしても、メガネドラッグで買うより安い。

他の店で買ったものでもレンズ交換をやれる、 という話なので、やってもらおうかな。枠は壊れてないわけだし。

2017年02月26日

書きながら寝てしまって日が改まったので日付を変える。

あのAIの本の味は、私には絶対出せん。 先人への敬意と、自分でその上に積み上げようという意思がある。 私にはそれが決定的に欠けてる気がする。 まあ、昔書いた奴が売れたということは、 私みたいなのが結構いるということなのかもしれないし、 そういうノリの違い自体がどうでもいい人が結構多いということなのかもしれない。 私はそういうノリだから学者にはなれなかったわけだが、 それをプラスに転じさせるヒントがそのへんにあるんだろう。 もっとうまく使えんかな。できればモノを良くしたり売る方向でも。

今子供達がヘボット!というアニメを見てキャーキャー言っている。 こういうテンションって2010年回っても現存してたんだな。 短期記憶の容量を下げないと見てられないこの感じキッツイな。 いや、でも案外見てられなくもない気がする。

フレンズはIQ下がるとか言ってる人がいるが、よくわからんなあ。 普段よほど殺伐とした生活を送っているに違いない。 まあ確かに4ヶ月前ならこんなに心穏やかに見られたかはわからんか。 今も結構キツいけど。

そういえば先週ディズニーランドに7年ぶりくらいに行った。 子供喜ぶんだなあ。歩行距離が違う。普段ならあれだけ歩く前に 嫌になってるからな。しかし手を引いて歩けない年の子がいるとキツい。

勉強会でなんか話してくれと頼まれたが、どう組み立てようか。 「人の話を音声で聞くことが有用であるための条件は何か」 という問題はいつも気になる。要約記事やパワポが事後に手に入るなら、 講演で手に入る情報のほとんどは得られる。時間も制約されないし、 情報を得るのにかかる時間は圧倒的に短い。 自分が行く時には何を求めて行くんだろうか。 私は勉強会の類はほとんど娯楽だと思ってるんだが、 勉強しに勉強会に行く人もいるだろう。 つうか、案外そういう人が多いっぽくてびっくりした。 私も昔はそうだったかもしれんな。 でなければGDCであんなに真面目にレポート書かなかっただろう。

放っておいたら自分ではアクセスしなかったであろう 情報をプッシュする、という効果はあるか。 勉強しに勉強会に行く人にはそれを強く出さないと納得感がないよなあ。 何か「これはいい事を知った」というネタがないとマズい。

PDFってアニメGIF貼れないのな。考えてみれば当たり前だが落とし穴だ。 どこでも閲覧用に開ける形式で運びたい、と思うと何がいいんだろうな。 htmlか。google slideってhtmlで吐けるのかな。

ダメっぽいな。js仕込んであって、キーで次のページに行く、 みたいなhtml吐いてくれよ。google slideのままでいいじゃん、 という話なんだろうな。ネットつながらない状況を考える必要はもうないんだろうし。 スマホから見られればそうだわな。問題はhdmiに吐けないスマホ があるということなんだが。

プレミアムフライデー、とかいうものがあったらしい。 周囲で話題にもならなかったので未だに詳細は知らない。 仕事が好きな人は何とも思わないだろうし、 仕事をあまりしたくない人にとっては、 「じゃあ他の日は残業しろってことか」のようなメッセージを 送ることになって逆効果な気がする。 「ノー残業デー」とか、残業が慢性化してないと出てこない発想だからな。 まあうちは裁量労働なので定時とか残業とかいう概念自体が存在せず、 したがってそんな制度は不要だ。

天外2のゲームデザインやった人の本を読んだ。 やはり異能者だなあ。 こういう異能者に頼らず凡人が集まって組織でいいものを作れる としたらそれは救いだが、結局のところ私自身はそういう作品に魅力を感じない。 作品を通して異能者を鑑賞したいのだ。 だから作品は尖っている方がいい。はっきりした欠点がある方がいい。 しかし、自分で物を作る側になると、 自分にそういう輝きがあるという自信はとても持てないし、 ついつい減点を削る方に頭が行ってしまう。 スマホゲーを作っているという意識があるとなおさらそうだ。 タダなので、短所に耐えて長所を見ることは難しい。 自分からしてロード長いだけでアウトだからな。 FEHなんてメモリ足りなくて起動しないわけだが、 だからと言って電話を買い換える気にはならない。 それよりはVITA買う方が正直抵抗が少ない。 というか、俺の屍を越えていけ、はやってないのでVITA買って やるべきな気がしてきた。そろそろスマホに移植せんかな。 VITAもそろそろ製品寿命だろう。

自分に物の性質を決める権限と責任があったら、 どういう勝負をするんだろうな。 今のところ、私が私のエゴを丸出しにして、 何をどう作るかから設計して作ったのは本二冊だけだ。 もし人を使って何か売れるものを作れ、 と言われたら実際問題どうするんだろう。 そんな予定も意思もないが、そう考えることで 製品の責任者とうまくやって行きやすくなるし、 物も良くなるはずだ。

妻がひたすらツムツムやってるんだが、 数日経ってゲームの構造に気づいた。 うまくなるのではなく、レベルを上げることで点数が増える、 という構造だ。 カジュアルそのもののゲームであることからして、 上達による寄与はさして大きくないんだろうと思っていたが、 実際そうらしい。 アイテムだかスキルだかレベルだか、そういうものがあって、 それが金で買える作りになっているはずだ。 妻はテトリスみたいなものだろうと思っていたようだが、 そうでなかったことに若干ショックを受けている様子。 まあそれでもやってるんだが。

FEHが全く起動しなくなった。数日前動いていた時でも 1面やる度に3回は落ちた。メモリ2GBの機械を買うまで 再開しない方がいいだろう。 たぶんAndroidOneS2というのを買うことになる。 しばらくは読書だ。ゲームデザイン系の本を 引越しまでに消化して会社に移動させてしまいたい。


日記の続きへ | 日記一覧へ | トップへもどる