見出しへ戻る

のんちゃん 便り

142  2009年

中学卒業

3月に入り、望は証書授与の練習を自宅でしていました。最初は、望が何の身振りをしているのか解らなかったのですが、カレンダーに入れた「卒業」のカードを指すので、卒業式の練習とわかりました。教育テレビの「中学生日記」の卒業式の場面を見て、「あ〜!」と叫ぶので、やはり卒業式だと思い、先生に尋ねると、卒業式の練習は歌の練習だけで、証書授与の練習は始まっていないとのこと。どうして証書授与がわかったのでしょう?体育館での歌の練習で、保育所・小学校の式を思い出したのでしょうか?張り切って、証書授与のポーズを繰り返していました。

3月13日、中学校の卒業式。朝から雨が降り寒い日でしたが、大勢の保護者の参加がありました。望は教室用の手押しの車椅子に乗って、友達に押してもらい入場しました。卒業証書の授与が始まりました。卒業生は、舞台の左の階段を登り、舞台中央の校長先生から証書を受取り、中央の階段を降りてきます。中学校の舞台は、上手のそで(舞台右側のカーテンの裏)にスロープがあるだけです。望は、舞台の左下まで友達に車椅子を押してもらって行き、友達に抱っこされて壇上に上がり、舞台下手のカーテンの裏に置いてあった電動車椅子に乗せてもらいました。担任の先生が、望が見える位置まで移動して「向井望」と呼ばれました。望は「アー!」と返事をして、電動車椅子で舞台中央に進み、校長先生から卒業証書を受取る格好をして、それから、校長先生に車椅子の左につけた輪ゴムに証書を丸めて差し込んでいただきました。お辞儀をして、スロープのある舞台上手に消えました。中学校の様々な行事において、教師が舞台に上がることなく、望は友達の介助だけで参加をしてきました。締めくくりの卒業式も「望のやり方」で証書を受取りました。

卒業式前後には、望の成長を見守ってくださっているボランティアの方や、障害者自立生活支援センターの方がお祝いに来てくださいました。ボランティアの方にお祝いのケーキもいただきました。たくさんの祝福でした。

中学校3年間、欠席は1日だけ。元気に通学をしました。あっという間の3年間でしたが、しっかりと充実した日々でした。入学前は、友達と一緒に教室に居られるのだろうか、導尿の対応はどうなるのだろうかと不安を抱えました。でも、入学すると、通常学級で過ごす環境ができており、教師対象に医療的ケアに関する研修会を開いてくださり、学年の女先生方が導尿に取り組んでくだいました。大きな2つの課題が解決してホッとするや否や、次の課題が出てきました。小学校の6年間を友達と共に過ごした望は能力以上の集団で行動する力を持っていたために、「言葉がわからない」ことを先生方に解ってもらえず、望が「言うことを聞かない」「当然のように要求を出す」ので「わがまま」と取られ悩みました。また、クラブの入部には介助者が必要と言われて困りました。でも、その課題は、先生方が望と関わる中で感じ取ってくださったり、友達との関係を見て学んでくださったり、また、私も先生方と話をしていろいろなことを伝える中で、解決していきました。

どうなることやらと様々な不安や疑問を抱えてスタートした中学校生活でしたが、卒業の今、望は本当にいい中学校生活を送ることができたと思います。年々、友達との関係は良くなりました。そして、先生方との信頼関係も築けました。良き相談相手であり支援者になってくださいました。「受検」がそれを表しています。友達や先生と一緒にたくさんの体験をして、望は大きく成長しました。

卒業式で証書を受取る生徒一人ひとりを見つめながら、「本当にみんな大きくなったね。きっと元気でいてよね」と思いました。いろんな出会いと別れを繰り返し、人は生きていきます。思い出に変わるその日々が、人の心の栄養にもなっていきます。子ども達それぞれの、この春の一歩が幸せに満ちたものとなりますように!共に育った子ども達の未来にたくさんの幸せがありますように!

卒業アルバムの友達のメッセージから

高校は別になっちゃうけど、これからもずーっと友達でいてね☆ また一緒に遊ぼな♪ いろんな所にいこう! 電車やバスもまた一緒に乗りたいです。のんちゃん、大好き えみちゃん
小学校から一緒で、高校になって離れちゃうけど、高校に行っても明るく元気なのんちゃんでいてね☆ みくちゃん
高校は別々の道に進んでいくけど、お互い頑張ろぉな  みさきちゃん
2年間だけやったけど、楽しかった日々をありがとう! のんちゃん☆ たけしくん
卒業しても友達!! ひできくん
のんちゃんと過ごした日々は、とても長いハズなのに、はやく感じました! 違う高校に行っても友達だ!! みなみちゃん
これからもがんばろー! たつよしくん
高校に行ってもがんばれよ! ゆうやくん
辛いことがあってもがんばれ! 「今」は想いひとつで変えられるから! ゆうみちゃん
のんちゃん! ずっと元気でいてくださぁーい。のんちゃん、すっきー しょうこちゃん
1年間、ありがとう! 高校に行ってもがんばろー!! りょうくん
1年間、ありがとぉー! これからも、のんちゃんらしく、がんばってね〜!! わかなちゃん
のんちゃん! 今までアリガトー! 一緒に遊べて楽しかったよ。これからも、明るく元気なのんちゃんでいてください! かなちゃん
のんちゃん♪ 明るく元気なあなたがだいすきやぞー ずっと友達! 愛と勇気そして絆 forever ひとみちゃん
いつかまた、会えますように! りえちゃん

ひとこと

卒業式の時は、望の進路がまだ決まっておらず、「最後の卒業式」になるかもと、私は箪笥の肥やしになっていた色無地を取りだして着ました。それほど今年の公立高校の受検状況は厳しかったのです。けれど、友達の卒業メッセージはそれぞれの高校進学を確信したものでした。3月下旬、ようやく望の進路が決まりました。市立工業高校の定時制にある普通科です。受検のようすは次号でお伝えしたいと思います。新しい一歩。生活が大きく変わります。でも、望はきっと楽しくやっていくだろうと思うことができるのは、中学校の3年間の日々のおかげだと思います。

141号 見出しへ戻る 143号