別所温泉 深緑の宿 緑屋吉右衛門

温泉名べっしょおんせん
別所温泉
施設名しんりょくのやど みどりやきちえもん
深緑の宿 緑屋吉右衛門
所在地ながのけんうえだしべっしょおんせん
長野県上田市別所温泉225
場所概略上信越自動車の上田菅平ICより国道144号線を西へ行く。住吉交差点を右折し、上田バイパスを行く。上田坂城バイパス、築地バイパスを通り、宮島交差点を直進して県道65号線に入る。下宮島交差点を右折し、県道177号線(別所街道)に入る。別所温泉駅付近で県道177号線に入り、少し行くとある。大湯の近く。
駐車場専用駐車場あり。10台くらい停められる。無料。
営業時間10:00〜15:00
料金\1,000
風呂数男女別露天風呂1、男女別内風呂各2、貸切露天風呂1、貸切内風呂1
脱衣所男女共用2、男女別各1
泉質アルカリ性単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉)
湯色無色透明
問合せ先0268-38-2016
入湯日2018/7/22
感想今回は宿泊で利用した。お湯は硫黄のにおいがした。露天風呂は1つしかないため、男女交替制になっている。自分たちが宿泊したときは、自分たち以外の客はいなかったので、どの浴場も貸切状態だった。内風呂は熱かったが、露天風呂はちょうどいい温度のお湯だった。源泉温度50.6度C。pH値8.7。
評価5

 このページは長野県にある別所温泉です。石川県にある別所温泉はこちらをご覧ください。

 宇津俣温泉 牧湯の里 深山荘に行ったあと、私たちは宿泊先である長野県上田市にある別所温泉に行きました。
 別所温泉を宿泊先に選んだ理由は、共同浴場があるということと、上田市の焼き鳥のたれ「美味(おい)だれ」というものを食べてみたかったからです。
 美味だれとは、長野県上田市発祥の焼き鳥のたれのことです。すりおろしたニンニクが入った醤油ベースのたれになります。
 私がこの美味だれを知ったのは、2018年6月に三斗小屋温泉 大黒屋に行ったときでした。長野県上田市出身の温泉仲間が美味だれについて話をしてくれたのがきっかけでした。その人は東京に来て焼き鳥のたれを食べたときに、上田市のたれと全然違う味に衝撃を受けたそうです。なんてまずいんだ!と。そして、上田市の美味だれがおいしいということを再認識したそうです。
 私はその話を聞いて、そんなにおいしいたれがあるなら上田市に行って食べてみたい、と思いました。そこで今回、上田市にある温泉として別所温泉を選びました。しかも、別所温泉街には美味だれを扱っているお店もあるじゃないですか! まさに一石二鳥!!
 また、深緑の宿 緑屋吉右衛門を選んだのは、源泉掛け流しで飲泉もできるからです。今回は美味だれを食べるということで、夕食抜きの朝食のみのプランで予約しました。
 深緑の宿 緑屋吉右衛門の外見です。共同浴場の大湯のすぐそばにあります。
 宿泊先に着いて、私は別所温泉の共同浴場に行きました。共同浴場の石湯大師湯、そして大湯に入りました。そのあと、美味だれを食べるために外出しました。
 別所温泉街にある「やきとり 桂(かつら)」。美味だれのお店です。
 中は地元の方々でにぎわっていました。
 美味だれの鉄板焼きです。その日は美味だれの焼き鳥がなかったので、美味だれの鉄板焼きを頼みました。キャベツの上に鶏肉が載っていて、その上に美味だれのソースが掛かっている料理です。
 美味だれは、一般的な焼き鳥の甘いたれと違って、少しだけ辛いたれでした。ニンニクの辛さが味わえるたれでした。確かに一般的なたれよりも美味だれのほうがおいしいです。
 夕食を食べたあと、宿泊先に戻りました。宿泊先の温泉を入りに行きました。
 浴場の入り口です。
 男性用浴場です。
 女性用浴場です。
 右側に露天風呂に行ける窓があります。
 露天風呂です。1つしかないため、男女交替で入浴することになります。混浴ではありません。
 男女別浴場の奥にある貸切内風呂の入り口です。
 貸切内風呂です。1人が入ればいっぱいになるほど小さい浴槽です。
 朝食です。

地方別一覧表へ   Go Home