下呂温泉 噴泉池

温泉名げろおんせん
下呂温泉
施設名ふんせんち
噴泉池
所在地ぎふけんげろしこうでん
岐阜県下呂市幸田
場所概略東海北陸自動車道の郡上八幡ICから国道256号線を経由して、国道41号線に入る。国道41号線を北上し、下呂市街地の看板を左折する。左側に下呂大橋という赤い橋が見えるので、それを渡ったところにある。
駐車場河川敷にある。50台くらい停められる。無料。
営業時間24時間 年中無休
料金\0
風呂数混浴露天風呂1
脱衣所なし
泉質単純温泉
湯色無色透明
問合せ先0576-24-2222
入湯日2001/6/27
感想景色がすばらしい。一方は山の霞がかかった風景で、もう一方は川のせせらぎを堪能できた。橋から丸見えなので、入るなら朝早くか夜がいい。
評価5

 下呂温泉は、私が「一人旅 −北へ−」編で1番目に行った温泉です。そして、1番目に入った温泉です。
 下呂温泉は有名な温泉地として知られています。そのなかで私は下呂温泉の露天風呂である「噴泉池」に入りました。
 噴泉地は下呂大橋の橋のたもとにある無料の混浴露天風呂です。隣りには飛騨川が流れていて、その反対には下呂温泉街を見ることができます。さらに温泉街の奥には八尾山を見ることができます。景色は抜群です。しかし、その眺望があだとなって、下呂大橋から丸見えの状態です。噴泉地に入るのであれば、朝早くか夜遅くになってからの方が入りやすいと思います。女性は水着着用でも入浴可なので、女性は水着を着てきたほうがいいと思います。
 私が入ったのは朝の6時くらいでした。脱衣所もないので、近くで服を脱いで入りました。湯口からはお湯が常にあふれ出ていました。その湯口付近はちょっと熱いので、私だけでなく他の人たちも湯口から離れた場所に入っていました。入って周りを見渡すと、下呂大橋を歩く人たちを見ることができました。こちらから見えているということは橋の上からは丸見えなんだろうな、と思いましたが、橋の上の人たちはいつもどおりの光景だという感じで、あまり気にもせず通り過ぎていました。また、橋の側面には浴槽から見えるように時計が設置されていました。こんなところに時計が設置されているなんて、それだけこの噴水池が利用されているからなんだろうな、と思いました。
 途中で雨が降ってきたので、みんな車へ退避しましたが、もっと入りたかったです。
 このような無料の温泉施設がいつまでもあって欲しい、と思いました。

地方別一覧表へ   Go Home